2007年08月01日

あなたはまだ若いんだから、一から出直してほしい

8月1日(水) 安部首相動静

午前9時27分、公邸発。同29分、自民党本部着。同30分、総裁応接室へ。同33分、自民党役員会開始。
午前9時41分、党役員会終了。
午前9時42分から同10時1分まで、総裁室で中川秀直自民党幹事長。同10分、総裁室を出て、同11分、自民党本部発。同14分、官邸着。同15分、執務室へ。同19分から同20分まで、林芳正内閣府副大臣。
午前10時36分から同11時6分まで、尾身幸次財務相、財務省の津田広喜事務次官、杉本和行主計局長。同7分から同26分まで、赤城徳彦農水相。
午前11時35分から同49分まで、塩崎恭久官房長官。
午前11時50分、執務室を出て、同51分から同57分まで、小ホール前の階段で全国都道府県議会議長会の家元丈夫会長らと記念撮影。同58分、大ホールへ。同議長会との懇談会に出席し、あいさつ。

午後1時6分、懇談会終了。同9分、大ホールを出て、同10分、執務室へ。
午後2時25分から同58分まで、谷内正太郎外務事務次官。
午後3時15分、大田弘子経済財政担当相が入った。同21分、根本匠首相補佐官らが加わった。同51分、全員出た。
午後4時4分、執務室を出て、同5分から同18分まで、特別応接室で東ティモールの国連平和維持活動(PKO)に派遣される警察庁長官官房付の富田邦敬警視長ら。同19分、執務室へ。同20分から同36分まで、青木幹雄自民党参院議員会長。
午後4時43分から同5時25分まで、渡辺喜美行革担当相。
午後5時59分、執務室を出て、同6時から同10分まで、大会議室前で報道各社のインタビュー。「安倍政権になって閣僚が代わるのは赤城大臣で4人目になるが任命責任は」に「当然わたしにすべて責任があります」。同11分、官邸発。
午後6時20分、東京・内幸町の帝国ホテル着。同ホテル内の「梅の間」で氏家斉一郎日本テレビ取締役会議長らと会食。
午後7時57分、同所発。同8時3分、公邸着。


※一言※
赤城農水大臣が辞任した。
その際の安倍首相からの言葉がタイトルなのだが、国民から同じことを言われている首相がその地位に恋々と居座りつづけ、こんな言葉を吐く。
安倍首相にだけはこの言葉を吐いて欲しくないと思った人は多いだろう。そして、それを伝書鳩のごとくそのまま発表する官房長官も、この言葉に何も感じないのであろうか?


人気ブログランキング ブログランキング・にほんブログ村
↑↑ クリックして首相の一日に注目しよう!


TSUTAYA online

posted by Mr.K at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 安倍晋三 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月31日

政治の空白とは?

7月31日(火) 安倍首相動静

午前9時55分、公邸発。同56分、官邸着。同57分、執務室へ。
午前10時、執務室を出て、同1分、閣僚応接室へ。同2分、同室を出て閣議室へ。同3分、閣議開始。
午前10時33分、閣議終了。
午前10時35分、閣議室を出て大会議室へ。同36分から同42分まで、総合海洋政策本部。同43分、同室を出て執務室へ。
午前10時44分から同11時14分まで、菅義偉総務相、山本有二金融担当相。
午前11時15分から同21分まで、的場順三官房副長官。
午前11時28分から同40分まで、大島理森元農水相。

午後0時20分、執務室を出て、同21分から同24分まで、閣僚懇話室前で報道各社のインタビュー。「米下院で従軍慰安婦に関する決議が可決されたが」に「こうした決議がなされたことは残念です」。同25分、首相会議室へ。
午後0時54分、首相会議室を出て執務室へ。
午後1時22分から同24分まで、的場官房副長官。
午後1時25分、執務室を出て、同26分、官邸発。同31分、東京・平河町の砂防会館着。同会館内の事務所で中曽根康弘元首相にあいさつ。同50分、同所発。同57分、東京・永田町の永田町TBRビル着。同ビル内の事務所で海部俊樹元首相にあいさつ。同2時21分、同所発。
午後2時27分、東京・永田町の相互永田町ビル着。同ビル内の事務所で森喜朗元首相にあいさつ。同51分、同所発。同55分、官邸着。同56分、執務室へ。
午後3時6分から同30分まで、丹羽雄哉自民党総務会長。
午後6時51分、執務室を出て、同52分から同7時1分まで、大会議室前で報道各社のインタビュー。「自民党の総務会で赤城農水相について厳しい意見が相次いだが」に「赤城大臣も含めてですね、人心を一新してまいります」。同2分、官邸発。同3分、公邸着。


※一言※
安倍首相続投を擁護する論調に、政治の空白を許すな!というものがある。
しかし、約1ヶ月後に明らかに交代するであろう大臣を抱く役所では、まさに空白が生じる。
交代を示唆された大臣はまともに働けず、役人も次を睨んで動きが鈍くなる。
つまり、内閣改造も首相交代も生じさせる政治的な空白に大差は無いのである。
擁護論者はせめて、政治的空白を生ませない為に、9月上旬改造などと悠長なことを言わせない論を張れないものか?


人気ブログランキング ブログランキング・にほんブログ村
↑↑ クリックして首相の一日に注目しよう!


Swatch e-store(PC)
posted by Mr.K at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 安倍晋三 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月30日

日刊スポーツと産経新聞

7月30日(月) 安倍首相動静

午前9時46分、公邸発。同48分、官邸着。同49分、執務室へ。
午前10時10分から同34分まで、菅義偉総務相。
午前10時54分、執務室を出て、同55分、官邸発。同58分、自民党本部着。同59分、総裁応接室へ。同11時2分、自民党役員会開始。
午前11時17分、自民党役員会終了。同18分、総裁応接室を出て総裁室へ。同19分から同34分まで、中川秀直自民党幹事長。

午後11時48分から同55分まで、自民党の中川幹事長、石原伸晃幹事長代理。午後0時55分、総裁室を出て、同56分、自民党本部発。同58分、国会着。
午後1時から同33分まで、常任委員長室で太田昭宏公明党代表と党首会談。塩崎恭久官房長官ら同席。同36分、国会発。同39分、自民党本部着。同40分、総裁室へ。
午後1時44分、塩崎官房長官、自民党の中川昭一政調会長、西村康稔衆院議員が入った。同52分、茂木敏充自民党筆頭副幹事長が加わった。同57分、全員出た。同58分、総裁室を出てリバティへ。同2時、リバティを出て901号室へ。同1分、総裁記者会見開始。
午後2時30分、総裁記者会見終了。901号室を出て、同31分、自民党本部発。同34分、官邸着。同35分、執務室へ。
午後2時58分から同3時16分まで、根本匠首相補佐官。
午後3時42分から同59分まで、的場順三官房副長官。
午後4時から同9分まで、中山恭子首相補佐官。同12分から同43分まで、尾身幸次財務相。
午後6時16分、執務室を出て、同17分、官邸発。
午後6時31分、東京・大手町の大手町ファーストスクエアウエストタワー着。同タワー内のレストラン「トップ オブ ザ スクエア 宴」で報道7社会の渡辺恒雄読売新聞グループ本社会長らと会食。同8時36分、同所発。同51分、公邸着。


※一言※
自民党の惨敗を新聞メディアがどう伝えたのか?主要紙を購入して見比べてみた。
驚いたのは日刊スポーツの「安倍辞めろ!!」の文字。自民党内でも主流になってない安倍首相の続投宣言に対する批判を一面にデカデカと持ってきた。朝日新聞別働隊の面目躍如か?
それでも、日刊スポーツはスポーツ紙。
一般紙では、産経新聞の「安倍首相 改革へ続投表明」の文字に驚きと恐怖を感じた。
選挙という仕組みは、国民が権力者を選ぶ仕組み。その仕組みの中で否定された権力者を「改革」の文字と合わせて庇うのはいかがなものなのであろう。そうやって、困難な道を突き進む求道者と重ね合わせるやり方は、世論のミスリードを招く。
求道者と首相が徹底的に異なるのは、前者には権力が無く、安倍首相には権力があるということ。
そして、安倍首相は、後任候補が自民党内に見当たらないのをいいことに、権力の地位に恋々としがみついているだけである。
こちらも、安倍首相の専属広報紙の面目躍如か?


人気ブログランキング ブログランキング・にほんブログ村
↑↑ クリックして首相の一日に注目しよう!


Swatch e-store(PC)
posted by Mr.K at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 安倍晋三 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月29日

惨敗と続投

7月29日(日) 安倍首相動静

午前中は来客なく、公邸で書類整理などして過ごす。
午後1時から同2時まで、塩崎恭久官房長官。同4時48分から同5時32分まで、麻生太郎外相。
午後5時46分から同6時11分まで、中川秀直自民党幹事長。
午後9時31分、公邸発。「厳しい結果が出ているようですが」に「はい(うなずく)」。「引き続き政権を担当されるお考えでしょうか」に「はい(うなずく)」。同34分、自民党本部着。同35分、総裁室へ。同36分、下村博文官房副長官が入った。同43分、中川幹事長が加わった。同44分、中川氏が出た。同10時9分、下村氏が出た。
午後10時10分、自民党の中川幹事長、丹羽雄哉総務会長が入った。同14分、中川、丹羽両氏が出た。総裁室を出て記者会見場へ。

午後10時20分から同11時55分まで、テレビ・ラジオ各社の報道番組に出演。中川幹事長、青木幹雄参院議員会長ら同席。同56分、記者会見場を出て総裁室へ。30日午前0時1分、総裁室を出て記者会見場へ。同5分、記者会見場を出て総裁室へ。同9分から同21分まで、石原伸晃幹事長代理。
午前0時25分から同33分まで、中川幹事長。
午前0時45分、石原幹事長代理が入った。同52分、青木参院議員会長が加わった。同1時1分、中川幹事長が加わった。同6分、石原氏が出た。同8分、保坂三蔵元経済産業副大臣、萩生田光一衆院議員が加わった。同11分、青木氏が出た。同12分、保坂、萩生田両氏が出た。同26分、総裁室を出て、同27分、自民党本部発。同30分、公邸着。


※一言※
参議院選挙で惨敗しても続投を宣言した安倍首相。そして、それを容認する自民党。
衆議院で持つ300超の議席は、小泉前首相の遺産。その遺産があるから辞任しないというのは参議院の形骸化というよりも、選挙そのものを形骸化している暴挙としかいえない。
社保庁の問題、閣僚の問題発言など安倍首相だけの責任ではないと言う同情論もあるが、これらの問題に対して対応を見誤ったのは安倍首相本人。
後手後手に回った消えた年金対策。
居直りとも取れる閣僚を庇いつづけた態度。
これらの問題から逃げたのは安倍首相であり、そのことがここまで自民党を負けさせたのだと言うことを指摘しておきたい。


人気ブログランキング ブログランキング・にほんブログ村
↑↑ クリックして首相の一日に注目しよう!


SOHO家具オンラインショップ Garage
posted by Mr.K at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 安倍晋三 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月28日

安倍首相で良いのか悪いのか?

7月28日(土) 安倍首相動静

午前10時27分、公邸発。同29分、自民党本部着。同31分、同所発。
午前10時52分、東京・神宮前の複合施設「表参道ヒルズ」前着。街頭演説。同11時、同所発。
午前11時45分、東京・台場のホテル日航東京前着。石原伸晃自民党幹事長代理らと練り歩き。午後0時26分、東京・台場の商業施設「デックス東京ビーチ」前着。同27分、同所発。

午後0時58分、東京・大山のハッピーロード大山商店街着。下村博文官房副長官らと練り歩き。同1時33分、同所発。
午後1時47分、東京・東池袋の東口五差路着。石原慎太郎東京都知事らと街頭演説。同2時23分、同所発。
午後3時4分、東京・阿佐谷南の商店街「阿佐谷パールセンター」着。参院選候補者らと練り歩き。同15分、東京・阿佐谷南のJR阿佐ケ谷駅前着。街頭演説。同39分、同所発。
午後4時40分、東京・浅草の雷門前着。街頭演説。同5時3分、同所発。
午後5時29分、東京・北砂の砂町銀座商店街着。参院選候補者らと練り歩き。同56分、同所発。
午後6時6分、東京・富岡の深川仲町通り商店街着。街頭演説し、練り歩き。同40分、同所発。
午後7時5分、東京・新橋のJR新橋駅前着。石原東京都知事らと街頭演説。同8時4分、同所発。同13分、公邸着。「遊説を終えていかがですか」に「全力を尽くしました」。


※一言※
参議院選挙は最終盤になってようやく安倍首相の必死さが伝わるようになってきた。
なりふり構ってられなくなった首相の思いが伝わるのかどうか?
選挙の最大の争点は、安倍首相で良いのか悪いのか?であった気がする。
いずれにしても、選挙民は一票でしか表現できない。ならばその一票は大切にしたいと思う。


人気ブログランキング ブログランキング・にほんブログ村
↑↑ クリックして首相の一日に注目しよう!


MoMAオンラインストアジャパン
posted by Mr.K at 23:59| Comment(1) | TrackBack(0) | 安倍晋三 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月27日

領収書のコピーは作為的な行為

7月27日(金) 安倍首相動静

午前8時46分、公邸発。
午前9時10分、羽田空港着。
午前9時34分、日本航空1865便で羽田空港発。同10時51分、鹿児島空港着。森山裕衆院議員の出迎え。同11時7分、同空港発。

午後0時12分、鹿児島県薩摩川内市のJR川内駅前広場着。街頭演説。同48分、同所発。同51分、同市のうなぎ料理店「うなぎのやまげん」着。宮路和明衆院議員、野村哲郎参院議員らと昼食。同1時13分、同所発。
午後2時13分、鹿児島県出水市のJR出水駅西口広場着。街頭演説。同37分、同所発。同38分、JR出水駅着。同42分、「つばめ50号」で同駅発。同3時3分、JR新八代駅着。同6分、同駅発。
午後3時17分、熊本県八代市の球磨川河川緑地着。街頭演説。同48分、同所発。
午後4時45分、熊本市の商店街「サンロード新市街」着。街頭演説し、参院選熊本選挙区の自民党候補の夫人らと練り歩き。同5時47分、同市のホテル日航熊本前着。同48分、同所発。
午後6時20分、熊本空港着。
午後6時59分、全日空648便で熊本空港発。同8時21分、羽田空港着。同34分、同空港発。
午後9時、自民党本部着。同1分、総裁室へ。同3分から同57分まで、中川秀直自民党幹事長。
午後9時58分、総裁室を出て、同59分、自民党本部発。同10時2分、公邸着。


※一言※
赤城農水大臣の事務所費問題で領収書のコピーを取って経費を二重計上していたことが明らかになった。
領収書のコピーを取る行為は、作為的なもの。決して単純ミスというレベルの問題ではない。
赤城大臣は即刻辞任すべきである。


人気ブログランキング ブログランキング・にほんブログ村
↑↑ クリックして首相の一日に注目しよう!


MoMAオンラインストアジャパン
posted by Mr.K at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 安倍晋三 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月26日

美しい国?

7月26日(木) 安倍首相動静

午前8時8分、公邸発。同33分、羽田空港着。
午前9時2分、日本航空1461便で羽田空港発。同10時4分、松山空港着。同10分から同13分まで、同空港内の貴賓室で山本順三参院議員。同14分、同空港発。
午前10時33分、松山市の伊予鉄道松山市駅前着。松山中央商店街を参院選愛媛選挙区候補者の夫人と練り歩き。同11時22分、同市の複合ビル「いよてつ会館」前着。街頭演説。同49分、同所発。
午後0時10分、松山空港着。

午後0時39分、日本航空1466便で松山空港発。同1時47分、羽田空港着。同57分、同所発。
午後3時4分、千葉県柏市のJR柏駅東口着。街頭演説。同40分、同所発。
午後4時21分、千葉県松戸市のJR松戸駅西口着。街頭演説。同54分、同所発。
午後6時、千葉県船橋市の京成船橋駅前着。参院選千葉選挙区候補者と練り歩き。同15分、同市のJR船橋駅南口着。街頭演説。同47分、同所発。
午後7時32分、千葉県市川市のJR市川駅北口着。街頭演説。同8時10分、同所発。
午後9時1分、公邸着。


※一言※
日本の美しさは、その精神性にあるはず。
地位に恋々としたり、身内の不祥事は庇い続けたり、他人のせいにしたり…こんな幼稚な精神性とは対極にある。
そして、幼稚な精神性しか持ち得ない人物を一国の首相として担ぐこと自体に不幸がある。
安倍首相がどう思おうとも、負ければその地位から下りるべきである。


人気ブログランキング ブログランキング・にほんブログ村
↑↑ クリックして首相の一日に注目しよう!


ioPLAZA【アイ・オー・データ直販サイト】
posted by Mr.K at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 安倍晋三 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月25日

北朝鮮頼み

7月25日(水) 安倍首相動静

午前8時18分、公邸発。同40分、羽田空港着。同42分から同46分まで、同空港内のVIPルームで森喜朗元首相。同9時8分、全日空751便で同空港発。同49分、小松空港着。同59分、同空港発。
午前11時6分、福井県越前市の県産業振興施設「サンドーム福井」着。同7分から同8分まで、北朝鮮による拉致被害者地村富貴恵さんの兄の浜本雄幸さん、特定失踪(しっそう)者家族の山下寛久さんらと面会。同9分から同25分まで、屋外広場で街頭演説。同41分、同所発。
午後0時55分、石川県小松市のJR小松駅前着。森元首相らと街頭演説。同1時38分、同所発。同46分、同市の「ホテルグランティア小松エアポート」着。同49分から同54分まで、宴会場「鏡花」でNHKの取材。同55分から同2時21分まで、宴会場「犀星」で福村章自民党石川県連副会長らと昼食。同22分、同所発。

午後2時53分、金沢市の商業ビル「ポルテ金沢」前着。森元首相らと街頭演説。同3時30分、同所発。
午後4時47分、富山県魚津市の家具店「ホームマート・ピエザ魚津店」前着。街頭演説。同5時24分、同所発。
午後6時11分、富山市のJR富山駅前着。街頭演説。同36分、同所発。
午後6時56分、富山空港着。
午後6時58分から同7時5分まで、富山空港内のVIPルームで石井隆一富山県知事。同19分、全日空892便で同空港発。同8時1分、羽田空港着。同10分、同空港発。
午後8時32分、公邸着。


※一言※
この日、森元首相と街頭演説を行った安倍首相。
その場で、森元総理は「自民党の敗北は北朝鮮を利する」という発言。
北朝鮮が日本に対して敵対政策をとっていないと困るのは、安倍首相なのだと図らずも証明した結果となった。
そして、内政がうまくいかないと諸外国を敵視する政策を強化するのは歴史が証明しているところである。


人気ブログランキング ブログランキング・にほんブログ村
↑↑ クリックして首相の一日に注目しよう!


USEN
posted by Mr.K at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 安倍晋三 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月24日

原発の安全宣言は何だったのか?

7月24日(火) 安部首相動静

午前7時15分、公邸発。同16分、官邸着。同17分、執務室へ。同18分から同21分まで、菅義偉総務相。同22分、執務室を出て、同23分から同33分まで、特別応接室で泉田裕彦新潟県知事。塩崎恭久官房長官、溝手顕正防災担当相ら同席。同34分、閣僚応接室へ。同40分、同室を出て閣議室へ。閣議開始。同44分、閣議終了。同45分から同46分まで、麻生太郎外相。同室を出て、同47分から同51分まで、大会議室で公務員制度の総合的な改革に関する懇談会に出席し、あいさつ。同52分、執務室へ。
午前7時57分から同8時17分まで、三谷秀史内閣情報官。
午前8時40分、執務室を出て、同41分、官邸発。同9時5分、羽田空港着。
午前9時34分、全日空873便で羽田空港発。同10時21分、秋田空港着。
午前10時34分、秋田空港発。同11時3分、秋田市のJR秋田駅着。同駅東口で街頭演説。同51分、同所発。

午後1時8分、北秋田市の道の駅「たかのす」着。秘書官らと食事。同41分、同所発。
午後2時1分、秋田県大館市の百貨店「正札竹村」跡地前着。街頭演説。同41分、同所発。
午後3時40分、青森県黒石市の弘南鉄道黒石駅着。駅前広場で街頭演説。同4時1分、同所発。
午後4時41分、JR青森駅着。同50分、「つがる30号」で同駅発。
午後5時48分、JR八戸駅着。特急電車を降りる際、記者団に声を掛け「君たちもだいぶ疲れたんじゃない」。「きょうは暑いですね」に「暑いね」。「だいぶ、日に焼けられましたね」に「選挙のときは、われわれは疲れないんだ」。同52分、同駅発。
午後6時4分、青森県八戸市の商業施設「チーノ」前着。大島理森元農水相らと街頭演説。同41分、同所発。同7時18分、三沢空港着。
午後7時42分、日本航空1226便で三沢空港発。同8時37分、羽田空港着。同50分、同空港発。
午後9時9分、公邸着。


※一言※
中越沖地震の発生から数時間後、安部首相は柏崎刈羽原発にいた。そして、官邸では安全宣言を出していた。
しかし、柏崎刈羽原発に放射能漏れがあったのはその後の報道で次々と明らかになっている。
安倍首相の当日の行動、そして安直な安全宣言は非難されてしかるべきである。


人気ブログランキング ブログランキング・にほんブログ村
↑↑ クリックして首相の一日に注目しよう!


GREEN DOG
posted by Mr.K at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 安倍晋三 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月23日

事務所費は芸者の花代

7月23日(月) 安部首相動静

午前6時16分、公邸発。同36分、羽田空港着。同7時、全日空3711便で同空港発。同8時22分、熊本空港着。同28分から同29分まで、伊吹文明文科相。同33分、同空港発。
午前9時22分、熊本県美里町の美里町役場砥用庁舎着。潮谷義子熊本県知事、長嶺興也美里町長らから大雨による被害状況説明。同41分、同所発。同45分、同町の早楠地区の災害現場を視察。同56分、同所発。同10時11分、同町の高齢者地域ふれあいセンター着。被災者を激励。同24分、同所発。
午前11時2分、熊本市の熊本自由民主会館着。同12分、同所発。同26分、同市の辛島公園着。街頭演説。午後0時4分、同所発。

午後1時53分、佐賀市のJR佐賀駅南口着。街頭演説。同2時37分、同所発。
午後4時13分、長崎県佐世保市の島瀬公園着。街頭演説。同47分、同所発。
午後6時6分、長崎市の中島川に架かる「鉄橋」(てつばし)着。街頭演説。同39分、同所発。
午後7時12分、長崎空港着。同21分から同31分まで、同空港内の特別室で尾身幸次財務相。同55分、全日空3742便で同空港発。同9時21分、羽田空港着。同33分、同空港発。
午後9時55分、自民党本部着。同56分、総裁室へ。同57分、選挙対策本部会議に出席。
午後11時3分、同会議終了。同4分、総裁室を出て、同5分、自民党本部発。同8分、公邸着。


※一言※
山本拓農水副大臣が、故松岡大臣から「事務所費は芸者の花代に使った」と聞いているという発言が波紋を広げている。
たぶん故松岡大臣は山本副大臣にこのように言ったのであろう。
山本拓議員は発言を撤回てし、官邸は厳重注意を行ったが、この内閣の緊張感の無さはいったい何なのであろうか?


人気ブログランキング ブログランキング・にほんブログ村
↑↑ クリックして首相の一日に注目しよう!


e-onkyo オンキョーサイバーショップ
posted by Mr.K at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 安倍晋三 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。