2007年07月02日

久間大臣発言の重み

7月2日(月) 安倍首相動静

午前8時現在、東京・富ケ谷の私邸。朝の来客なし。
午前8時47分、私邸発。同9時5分、官邸着。同6分、執務室へ。同7分から同22分まで、久間章生防衛相。
午前9時55分から同10時24分まで、柳沢伯夫厚労相。
午前10時35分から同50分まで、NHKの古森重隆経営委員長。
午前11時、執務室を出て、同1分から同21分まで、大ホールで安全功労者表彰式に出席し、あいさつ。同22分、執務室へ。
午前11時44分、執務室を出て、同45分から午後0時10分まで、特別応接室でロシアのナルイシキン副首相の表敬。同11分、執務室へ。同12分、同室を出て、同13分から同22分まで、南会議室で東京大気汚染訴訟の西順司原告団長と面会。同23分から同27分まで、閣僚懇話室前で報道各社のインタビュー。「久間大臣に総理は何を話したのか」に「誤解を与えるような発言については厳に慎んでもらいたいと注意をしました」。同28分、首相会議室へ。

午後0時55分、首相会議室を出て執務室へ。同1時55分、執務室を出て、同56分、官邸発。同58分、自民党本部着。同59分、総裁室へ。
午後2時から同29分まで、自民党のビデオメッセージ収録など。同30分から同3時11分まで、中川秀直自民党幹事長。
午後3時12分から同35分まで、西村康稔衆院議員。同4時2分、総裁室を出て、同3分、党本部発。同7分、官邸着。同8分、執務室へ。
午後4時9分から同47分まで、谷内正太郎外務事務次官。
午後4時57分、執務室を出て、同58分、官邸発。同59分、国会着。同5時、自民党総裁室へ。党役員会開始。同20分、党役員会を途中退席し、同22分、国会発。同23分、官邸着。同25分、執務室へ。

午後6時40分、執務室を出て、同41分から同46分まで、閣僚懇話室前で報道各社のインタビュー。「あす長崎市長が上京して総理に直接会って抗議したいと述べているが」に「私の所に来られるという話はまだ伺っていません」。同48分、首相会議室へ。同7時10分、首相会議室を出て、同11分、官邸発。同12分、公邸着。


※一言※
久間発言の真意は別にして、安倍首相は事の重大さを理解していないらしい。「自分が厳重注意したのだからこれでこの問題は終わり」とでも思っているのか?
現閣僚である溝手国家公安委員長がブログで、保坂三蔵議員が街頭演説で久間大臣の発言を批判したが、首相には届かないらしい。
(批判を行った両氏とも厳しい選挙区の改選議員であり、特に溝手国家公安委員長の広島は激戦が予想されていることを考えれば、両氏の発言も選挙対策とも受け取れるが…)


人気ブログランキング ブログランキング・にほんブログ村
↑↑ クリックして首相の一日に注目しよう!


Swatch e-store(PC)
posted by Mr.K at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 安倍晋三 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月01日

情報は届いているのか?

7月1日(日) 安倍首相動静

午前7時50分から同8時20分まで徳島市の「ホテルクレメント徳島」内の宴会場「銀河」で飯泉嘉門徳島県知事らと朝食。同23分、同ホテル発。同30分、同市内の徳島繊維卸団地着。露天市を視察。同9時6分、同所発。同14分、同市内のマリンピア沖洲産業団地着。四国横断自動車道建設予定地を視察。同20分、同所発。
午前10時3分、徳島県美馬市の結婚式場「脇町祥雲閣」着。同式場内の「瑞雲」で自民党参院選立候補予定者の集会に出席、演説。同11時11分、同所発。

午後0時44分、高知県香南市の結婚式場「一寿司会館」着。同式場内の「センチュリー・オリオンホール」で自民党参院選立候補予定者の集会に出席、演説。同1時17分、同所発。同27分、高知空港着。
午後1時28分から同52分まで、高知空港内の特別応接室で中谷元元防衛庁長官らと会食。同2時7分、全日空566便で同空港発。同3時4分、羽田空港空港着。同12分、同所発。

午後3時37分、公邸着。同4時1分、公邸発。同6分、東京・赤坂の「ANAインターコンチネンタルホテル東京」着。同ホテル内の宴会場「プロミネンス」で小沢一郎民主党代表との討論会に出席。
午後5時44分、同所発。同48分、公邸着。同6時5分、公邸発。同22分、東京・富ケ谷の私邸着。「党首討論の感想は」に「しっかり議論できて良かったです」。


※一言※
久間大臣の原爆容認発言に揺れた1日、宮沢元総理の告別式よりも選挙応援を選ぶのがこの人らしい。そして、党首討論で核廃絶に言及していたが、この人が核廃絶を目指していたとは知らなかった。
ところで、安倍首相の周辺に、ちゃんと情報が届いているのだろうか?と思わせるような事件が多い。
久間大臣も、元来は安倍首相とは思想的に相容れない関係の人。何故、この時期にこのような発言をしたのであろう?
そして、相変わらずの朝鮮総連本部詐欺事件。
緒方元公安調査庁長官は、宮沢首相の時代に長官であったと書いたら、空恐ろしい。もちろん、宮沢元首相も安倍首相とは思想的に相容れない人。
突飛かもしれないが、安倍首相を下ろそうとする勢力がうごめき始めているような気がしてならない。


人気ブログランキング ブログランキング・にほんブログ村
↑↑ クリックして首相の一日に注目しよう!


SOHO家具オンラインショップ Garage
posted by Mr.K at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 安倍晋三 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月30日

四国の選挙情勢…

6月30日(土) 安倍首相動静

午前8時12分、公邸を出て、同12分から同14分まで、公邸玄関前で報道各社のインタビュー。「未明まで続いた国会で社会保険庁改革関連法、年金時効撤廃特例法、改正国家公務員法が成立したが」に「教育再生3法も含め国民にとって大変重要な法律が成立して本当に良かったと思います」。同15分、公邸発。同37分、羽田空港着。同9時6分、日本航空1461便で同空港発。同10時9分、松山空港着。同19分、同空港発。

午後0時17分、愛媛県宇和島市の「魚見の丘」着。地元漁協関係者から養殖業などの現状報告。加戸守行同県知事、山本公一衆院議員が同行。同26分から同27分まで、県政記者クラブのインタビュー。同28分、同所発。
午後0時58分、愛媛県宇和島市の南予文化会館前着。街頭演説。同1時30分、同所発。同31分、同市内の日本料理店「河内屋」着。加戸同県知事、山本順三参院議員らと昼食。同48分、同所発。
午後3時40分、愛媛県新居浜市の新居浜市民文化センター着。自民党県連主催の「美しい国を語る会」に出席、演説。同4時32分、同所発。

午後5時37分、香川県丸亀市の綾歌総合文化会館着。同48分から同6時14分まで、「自民党時局講演会」で演説。同28分から同36分まで、県政記者クラブ主催の記者会見。同38分、同所発。
午後6時43分、香川県丸亀市の「ホテルレオマの森」着。同ホテル内のレストラン「サロニカ」で真鍋武紀同県知事らと夕食。同7時23分、同所発。
午後7時46分、高松市のJA香川県川東支店着。同支店内のホールで自民党参院選立候補予定者の集会に出席、あいさつ。同8時21分、同所発。
午後9時31分、徳島市の「ホテルクレメント徳島」着。


※一言※
徹夜国会を回避して、朝から選挙応援へ。
四国は以前なら大票田。でも、やはり逆風らしい。
現職官房長官を輩出する県に四国の中で最初に入ったのは、そこが予想以上に厳しいからなのか?


人気ブログランキング ブログランキング・にほんブログ村
↑↑ クリックして首相の一日に注目しよう!


MoMAオンラインストアジャパン
posted by Mr.K at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 安倍晋三 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月29日

最後まで見届けないんだ…

6月29日(金) 安倍首相動静

午前8時57分、公邸発。同58分、国会着。同59分、院内大臣室へ。同9時2分、閣議開始。
午前9時23分、閣議終了。同24分から同30分まで、甘利明経済産業相。同31分、院内大臣室を出て、同33分、国会発。同34分、官邸着。同35分、執務室へ。
午前10時2分、執務室を出て、同3分から同15分まで、特別応接室で御手洗冨士夫日本経団連会長、山口信夫日本商工会議所会頭。中川秀直自民党幹事長、塩崎恭久官房長官ら同席。同16分、執務室へ。
午前10時16分から同26分まで、鈴木政二官房副長官。
午前10時33分、執務室を出て、同34分から午後0時1分まで、大会議室で安全保障の法的基盤の再構築に関する懇談会。同2分、首相会議室へ。

午後0時23分、同室を出て、執務室へ。
午後1時24分、執務室を出て、同25分、官邸発。同30分、東京・日比谷公園の日比谷公会堂着。男女共同参画社会づくりに向けての全国会議に出席し、あいさつ。同39分、同所発。同45分、官邸着。同46分、執務室へ。
午後2時37分、執務室を出て、同38分、官邸発。同54分、東京・白金台の八芳園着。同所内の宴会場「チャット」で中国向け米輸出記念式典に出席し、あいさつ。同3時23分、同所発。同41分、官邸着。同42分、執務室へ。
午後4時51分、執務室を出て、同52分、官邸発。同54分、国会着。同55分、参院議長応接室へ。同58分、同室を出て参院本会議場へ。同5時1分、参院本会議再開。
午後5時58分、参院本会議休憩。同59分、参院本会議場を出て、同6時、国会発。同2分、公邸着。

午後7時51分、公邸発。同53分、国会着。同54分、衆院議長応接室へ。同8時、同室を出て衆院本会議場へ。同2分、衆院本会議開会。
午後9時52分、衆院本会議散会。衆院本会議場を出て、同53分、院内大臣室へ。同10時3分から同8分まで、太田昭宏公明党代表。同9分、同室を出て、同9分から同12分まで、院内大臣室前で報道各社のインタビュー。「就任からまだ1年もたたないうちに、2回の不信任というのは多いと感じるか」に「まあしかし、2回とも圧倒的な多数で否決しました。この期待に応えていきたいと思います」。同14分、国会発。同16分、公邸着。


※一言※
安倍首相が重要法案と位置付けた、社保庁解体(看板の架け替え)、公務員改革(天下り固定化法案)などの参議院採決が翌日の未明まで行われたこの日。
この日の採決を指示したとされる当のご本人は、22時過ぎには公邸へご帰還。
審議や採決の様子を見守ることは無かった。
陣頭指揮を執らない将軍様に、兵隊は黙って従うだけなのであろうか?


人気ブログランキング ブログランキング・にほんブログ村
↑↑ クリックして首相の一日に注目しよう!


ioPLAZA【アイ・オー・データ直販サイト】
posted by Mr.K at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 安倍晋三 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月28日

社保庁解体と賞与返上

6月28日(木) 安倍首相動静

午前9時55分、公邸発。同56分、官邸着。同57分、執務室へ。
午前10時18分から同50分まで、尾身幸次財務相。

午後0時12分、執務室を出て、同13分から同16分まで、閣僚懇話室前で報道各社のインタビュー。「北朝鮮のミサイル発射は平壌宣言に反すると考えるか」に「彼らはいろいろ反していますね」。同17分、首相会議室へ。同33分、同室を出て執務室へ。
午後1時4分から同24分まで、塩崎恭久官房長官。
午後1時40分、執務室を出て、同41分、官邸発。同43分、自民党本部着。同44分、総裁室へ。同45分から同2時14分まで、中川昭一政調会長。
午後3時34分から同37分まで、谷津義男選挙対策総局長。同51分、総裁室を出て、同52分、党本部発。同55分、官邸着。同56分、執務室へ。
午後3時57分から同4時16分まで、冬柴鉄三国土交通相。
午後5時、執務室を出て、同1分、官邸発。

午後5時21分、東京・神宮前の故宮沢喜一元首相宅着。同氏の弔問。同31分、同所発。
午後5時58分、官邸着。同59分、執務室へ。同6時2分から同7分まで、的場順三官房副長官。同40分、同室を出て、同41分から同49分まで、大会議室前で報道各社のインタビュー。「宮沢元首相が死去したが」に「経済政策については大変お詳しいし、専門家でしたし、信念を持っておられました」。同50分、官邸発。同51分、公邸着。


※一言※
社保庁を解体する法案は、今回の消えた年金問題の解決には何も役立たない。かえって、組織を温存するだけの効果しか無さそうである。
その新しい組織へと再雇用させる基準の1つに、今回の賞与返上がリンクするかもしれないと言う。
これもまた本来リンクしない話。
何のための社保庁解体なのか?よくわからないまま、法案が成立する。


人気ブログランキング ブログランキング・にほんブログ村
↑↑ クリックして首相の一日に注目しよう!


USEN
posted by Mr.K at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 安倍晋三 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月27日

6カ国協議の正念場

6月27日(水) 安倍首相動静

午前9時16分、公邸発。同17分、官邸着。同18分、執務室へ。
午前9時19分から同41分まで、鈴木政二官房副長官。同42分、執務室を出て、同43分から同57分まで、南会議室で医師不足地域への医師派遣激励会。同58分、執務室へ。
午前9時59分、執務室を出て、同10時から同7分まで、特別応接室で防衛省の泉一成統合幕僚副長、陸上自衛隊の沢山正一東部方面総監ら。同8分、執務室へ。
午前10時23分から同40分まで、東京証券取引所の西室泰三会長、斉藤惇社長。
午前10時41分から同11時2分まで、森中小三郎成田国際空港会社社長。御手洗冨士夫日本経団連会長同席。
午前11時5分から同23分まで、林芳正内閣府副大臣。
午前11時46分、執務室を出て、同47分、官邸発。同56分、東京・有楽町のニッポン放送着。

午後0時から同31分まで、スタジオでラジオ番組収録のため演出家のテリー伊藤氏と対談。同33分、ニッポン放送発。同38分、官邸着。同39分、首相会議室へ。
午後1時12分、同室を出て執務室へ。
午後2時25分から同39分まで、北村正任毎日新聞社社長。同40分から同57分まで、テレビ東京の菅谷定彦会長、島田昌幸社長ら。
午後3時9分から同39分まで、黒川清内閣特別顧問。同40分から同51分まで、菅義偉総務相。
午後4時11分、執務室を出て、同13分、官邸発。同15分、自民党本部着。
午後4時16分、総裁室へ。同5時8分から同12分まで、参院比例代表立候補予定者に公認証渡し。中川秀直幹事長、青木幹雄参院議員会長ら同席。同38分、青木氏が出た。同51分、総裁室を出て、同52分、自民党本部発。同56分、官邸着。同57分、執務室へ。

午後6時27分、執務室を出て、同28分から同36分まで、閣僚懇話室前で報道各社のインタビュー。「米議会で従軍慰安婦問題に関する対日謝罪要求決議案が可決されたが、政府の理解を求める対応は十分だったか」に「米議会はですね、相当たくさんの決議が決議されていますね。そういう中の一つなんだろうと思いますね」。同37分、官邸発。同38分、公邸着。


※一言※
予想通りアメリカは北朝鮮の意向を汲んで日本を外した、4カ国協議という枠組みの提案を行った。
何故、このニュースの扱いが小さいのか理解できない。
対米追従路線を改め、孤高の独自路線を歩めるか正念場を迎えた。
日本は「財布」としての必要性を迫られる場面がやがてくる。そのときにどのようなスタンスでいられるのであろうか?注目したい。


人気ブログランキング ブログランキング・にほんブログ村
↑↑ クリックして首相の一日に注目しよう!


e-onkyo オンキョーサイバーショップ
posted by Mr.K at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 安倍晋三 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月26日

日米関係の温度

6月26日(火) 安倍首相動静

午前8時57分、公邸発。同59分、国会着。同9時、院内大臣室へ。同2分、閣議開始。
午前9時10分、閣議終了。同11分から同17分まで、菅義偉総務相。同18分から同21分まで、高市早苗イノベーション担当相。同22分、院内大臣室を出て、同23分、国会発。同25分、官邸着。同26分、執務室へ。
午前10時7分、尾身幸次財務相、財務省の藤井秀人事務次官、津田広喜主計局長、石井道遠主税局長が入った。同32分、藤井、津田、石井各氏が出た。同49分、尾身氏が出た。
午前10時59分、執務室を出て、同11時、大ホールへ。再チャレンジ支援功労者表彰式に出席、あいさつ。山本有二再チャレンジ担当相、塩崎恭久官房長官ら同席。同20分、大ホールを出て、同23分、執務室へ。
午前11時27分から同57分まで、三谷秀史内閣情報官。午後0時2分、執務室を出て首相会議室へ。

午後0時3分から同1時1分まで、ジャーナリストの田原総一朗氏と昼食。同2分、首相会議室を出て執務室へ。
午後2時から同11分まで、全国銀行協会の奥正之、畔柳信雄新旧会長。
午後2時28分、執務室を出て、同29分から同37分まで、特別応接室で年金記録確認中央第三者委員会の梶谷剛委員長。同38分、同室を出て執務室へ。
午後3時37分、執務室を出て、同39分、官邸発。同42分、自民党本部着。同43分、総裁室へ。
午後3時44分から同4時14分まで、茂木敏充自民党筆頭副幹事長。同5時20分、総裁室を出て、同21分、自民党本部発。同24分、官邸着。同25分、執務室へ。

午後5時56分、執務室を出て、同57分から同6時2分まで、閣僚懇話室前で報道各社のインタビュー。「従軍慰安婦問題に関する対日謝罪要求決議案が米下院外交委で可決される見通しだが」に「先般の訪米の際にわたしの考えは既に述べており、それに付け加えることはありません」。同3分、大会議室へ。同4分、ガイアナのジャグデオ大統領との首脳会談開始。
午後6時50分、首脳会談終了。同53分から同55分まで、南会議室でジャグデオ大統領と共同声明署名式。同56分から同7時9分まで、同室で共同記者発表。同10分、同室を出て、同11分、官邸発。同12分、公邸着。


※一言※
この時期にアメリカ議会が従軍慰安婦問題の非難決議を行う理由をしっかりと考えたい。
6カ国協議から日本とロシアを外し、4カ国で平和協議を行うという動きがある。それとの関連か?
いずれにしても、日米関係が巧くいっているという幻想から脱却した方が良さそうである。
そして、それでも安倍首相はアメリカに追従するのであろうか?


人気ブログランキング ブログランキング・にほんブログ村
↑↑ クリックして首相の一日に注目しよう!


スルガ銀行
posted by Mr.K at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 安倍晋三 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月25日

賞与の一部返納

6月25日(月) 安倍首相動静

午前9時27分、公邸発。同28分、官邸着。同29分、執務室へ。
午前9時58分、執務室を出て、同59分、官邸発。同10時2分、自民党本部着。
午前10時3分、総裁室へ。中川秀直自民党幹事長。同5分、義家弘介前教育再生会議担当室長が加わった。同29分、義家氏が出た。同59分、同氏が加わった。同11時2分、同室を出て、同3分、党本部発。同7分、官邸着。同8分、執務室へ。同19分から同42分まで、小池百合子首相補佐官。午後0時1分、執務室を出て、同2分から同5分まで、閣僚懇話室前で報道各社のインタビュー。「参院選に立候補する義家氏に期待することは」に「行動力と現場の感覚を持って教育改革に取り組んでもらいたい」。同6分、首相会議室へ。同34分、同室を出て執務室へ。

午後1時20分、執務室を出て、同21分、官邸発。同27分、東京・虎ノ門のニッショーホール着。「頑張る地方応援シンポジウム」に出席し、あいさつ。同42分、同所発。
午後1時51分、自民党本部着。同53分から同2時12分まで、総裁室でラジオCMの収録。石原伸晃幹事長代理ら同席。同13分、党本部発。同15分、官邸着。同17分、執務室へ。
午後3時39分から同4時8分まで、柳沢伯夫厚生労働相。塩崎恭久官房長官同席。
午後4時9分から同16分まで、的場順三官房副長官。
午後4時37分から同52分まで、野田毅衆院議員。同54分、執務室を出て、同55分、官邸発。同56分、国会着。同58分、自民党総裁室へ。同5時2分、自民党役員会開始。
午後5時20分、自民党役員会終了。自民党総裁室を出て、同21分、国会発。同23分、官邸着。
午後5時24分から同6時まで、大ホールで男女共同参画社会づくり功労者表彰受賞者らとの懇談会に出席し、あいさつ。同1分、大ホールを出て執務室へ。
午後6時2分から同6分まで、高市早苗少子化担当相。

午後6時55分、執務室を出て、同56分から同7時3分まで、閣僚懇話室前で報道各社のインタビュー。「北朝鮮が6者協議の合意を履行すると表明したが」に「当然ですね」。同4分、官邸発。同5分、公邸着。同6分、教育再生会議の野依良治座長らメンバーと会食開始。伊吹文明文科相、塩崎官房長官、山谷えり子首相補佐官同席。
午後8時42分、会食終了。全員出た。


※一言※
どうせなら、一部ではなく全額返納すれば良いのに…
でも、職員に自主返納を求めるのは筋違い。
基本的に公務員は、命令された項目をこなすのが第一義。命令した側に責任を求めるのは当然としても命令された側も責任を求めるのは酷というもの。
まずは、過去の長官など過去の幹部に自主返納を求めるのが先決。
職員全員を悪者にすると、責任は相対的にあいまいになる。それを狙っているのか?


人気ブログランキング ブログランキング・にほんブログ村
↑↑ クリックして首相の一日に注目しよう!


ショップチャンネル
posted by Mr.K at 23:59| Comment(1) | TrackBack(0) | 安倍晋三 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月24日

自民党のダイナミズム

6月24日(日) 安倍首相動静

午前8時37分、公邸発。同41分、東京・紀尾井町のNHK千代田放送会館着。同9時から同40分まで、NHK番組「総理に聞く」に出演。同43分、同所発。同47分、公邸着。

午後0時30分、公邸発。同56分、羽田空港着。
午後1時15分、日本航空1259便で羽田空港発。同50分、山形空港着。斎藤弘山形県知事ら出迎え。同2時、同空港発。同6分、山形県東根市の遠藤農園着。サクランボ農園視察。同28分、同所発。
午後2時54分、山形市の多目的ホール「山形ビッグウイング」着。同3時18分から同45分まで、自民党山形県連主催の集会で演説。同52分、同所発。
午後4時5分、山形市の山形グランドホテル着。同14分から同22分まで、山形県政記者クラブ主催の記者会見。同29分から同5時5分まで、山沢進山形商工会議所会頭らと懇談。遠藤利明衆院議員同席。同7分、同所発。
午後6時9分、JR仙台駅着。同26分、東北新幹線「はやて28号」で同駅発。
午後8時8分、JR東京駅着。同12分、同駅発。同19分、公邸着


※一言※
参院選の勝敗ラインと責任論を首相自ら切り出すようになったが、与党が過半数を割っても安倍首相は辞任しないという観測がある。
曰く、ポスト安倍が定まらないかららしいのだが、選挙の勝敗の責任を負わなければ、自民党は政党としてのダイナミズムを失う。
自民党は憎らしいくらい、そのあたりのけじめはしっかりしてきた政党であるが…
安倍首相が自ら切り出す責任論が虚しく響くのは、責任を負わないことを前提としているからなのか?
そして、珍しく私邸に帰らない週末を過ごした。


人気ブログランキング ブログランキング・にほんブログ村
↑↑ クリックして首相の一日に注目しよう!


こだわりのキッチン&ハウスウェア専門店アイ・キッチン
posted by Mr.K at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 安倍晋三 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月23日

やはり捨石だった沖縄戦

6月23日(土) 安倍首相動静

午前7時36分、公邸発。同8時、羽田空港着。
午前8時43分、日本航空905便で羽田空港発。同10時48分、那覇空港着。同11時、同所発。
午前11時30分、沖縄県糸満市の平和祈念公園着。沖縄戦没者墓苑で供花。同54分、沖縄全戦没者追悼式に出席し、献花、あいさつ。

午後0時50分から同55分まで、平和祈念公園内で報道各社のインタビュー。「戦没者追悼式に出席されたが、戦没者への思いを」に「沖縄戦は地元住民も巻き込んだ大変悲惨な地上戦が展開され、その傷跡は今も残っています。そうした教訓を生かし、日本の平和を守り、人類の夢である世界の恒久平和に貢献していかなければならないと思っているところです」。同56分、同所発。同1時18分、那覇空港着。
午後1時25分から同59分まで、那覇空港内の待合室で扇千景参院議長、仲井真弘多沖縄県知事。同2時25分、日本航空910便で同空港発。同4時25分、羽田空港着。同36分、同所発。
午後5時15分、東京・西新宿のホテル「ヒルトン東京」着。同ホテル内の「村儀理容室」で散髪。
 
午後6時54分、ヒルトン東京発。同7時11分、公邸着。同14分、公邸発。同34分、東京・港南の「ストリングスホテル東京インターコンチネンタル」着。同ホテル内の中国料理店「チャイナシャドー」で昭恵夫人らと食事。
午後9時45分、ストリングスホテル東京インターコンチネンタル発。同10時9分、公邸着。


※一言※
どうして沖縄では地元住民を巻き込んだ戦争になったのであろう。
そして、同じことは広島や長崎の原爆投下にも言える。
戦争が守るものは何か?少なくとも国民の命では無さそうである。そのことがはっきりする安倍首相の発言である。


人気ブログランキング ブログランキング・にほんブログ村
↑↑ クリックして首相の一日に注目しよう!


リフォーム ホームプロ
posted by Mr.K at 23:59| Comment(1) | TrackBack(1) | 安倍晋三 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月22日

首相の歴史観と沖縄県議会決議と

6月22日(金) 安倍首相動静

午前8時57分、公邸発。同58分、国会着。同59分、院内大臣室へ。同9時2分、閣議開始。
午前9時21分、閣議終了。同22分から同28分まで、麻生太郎外相。同29分から同30分まで、塩崎恭久官房長官。同31分から同34分まで、赤城徳彦農林水産相。同41分、院内大臣室を出て、同42分、国会発。
午前10時、東京・浜松町の文化放送着。同5分から同32分まで、スタジオでラジオ番組収録のためタレントのみのもんた氏と対談。
午前10時34分、文化放送発。同52分、官邸着。同53分、執務室へ。
午前10時54分から同11時54分まで、守屋武昌防衛事務次官。同55分から午後0時11分まで、公明党の太田昭宏代表、神崎武法前代表。同21分、執務室を出て首相会議室へ。同41分、同室を出て執務室へ。
 
午後0時54分、執務室を出て、同55分、官邸発。同56分、国会着。同58分、衆院本会議場へ。同1時2分、衆院本会議開会。
午後1時46分、衆院本会議散会。衆院本会議場を出て、同48分、国会発。同49分、官邸着。同51分、執務室へ。
午後2時49分から同3時まで、的場順三官房副長官。同1分から同17分まで、根本匠首相補佐官。
午後3時25分から同42分まで、菅義偉総務相。
午後4時2分、三谷秀史内閣情報官が入った。同25分、大古和雄防衛省防衛政策局長が加わった。同30分、大古氏が出た。同32分、三谷氏が出た。同5時2分、執務室を出て、同3分から同33分まで、大会議室で新聞各社のグループインタビュー。同35分、執務室へ。

午後5時58分、執務室を出て、同59分から同6時7分まで、閣僚懇話室前で報道各社のインタビュー。「選挙の結果についても責任はあるとお考えか」に「総理総裁というのはですね、常に日々の事柄について、すべて責任を負っています」。同8分、執務室へ。
午後6時17分、執務室を出て、同18分、官邸発。同35分、東京・西五反田の桐ケ谷斎場着。故渡辺襄元毎日新聞社社長の通夜に。同37分、同所発。
午後7時9分、東京・紀尾井町のホテルニューオータニ着。同ホテル内の中国料理店「Taikan En」で衆院教育再生特別委の大島理森筆頭理事、参院文教科学委の中川義雄筆頭理事らと会食。伊吹文明文部科学相、菅総務相、塩崎官房長官同席。同45分、菅氏が出た。
午後8時50分、同ホテル発。同57分、公邸着。


※一言※
首相の訪問を翌日に控え、沖縄県議会が全会一致で先の大戦での住民の集団自決に日本軍の関与があり、教科書検定で削除した記載の回復を求めた意見書を決議した。安倍首相は、自衛のために国民や住民が犠牲になるのはやむを得ないと考えている節があり、訪問前日のこの決議をどう受け取るのであろうか?
また、参議院選挙での責任を公に口にしたのは、みのもんた氏の番組が初めてだと思うが、このようなことは1番組ではなく、広く国民に表明するのが筋であろう。
みのもんた氏は、首相にとってお友達の1人。このような場で最初に表明するのは、典型的な内弁慶ぶりである。


人気ブログランキング ブログランキング・にほんブログ村
↑↑ クリックして首相の一日に注目しよう!


エプソンOAサプライNET SHOP
posted by Mr.K at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 安倍晋三 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月21日

自爆か中央突破か?

6月21日(木) 安倍首相動静

午前7時55分、公邸発。
午前7時59分、東京・紀尾井町のグランドプリンスホテル赤坂着。同8時2分、同ホテル内のレストラン「ブルーガーデニア」で日本経団連の御手洗冨士夫会長らと会食。
午前9時36分、同ホテル発。同41分、官邸着。同42分、執務室へ。
午前10時54分から同11時10分まで、冬柴鉄三国土交通相。
午前11時48分から同59分まで、的場順三官房副長官。午後0時5分、執務室を出て、同6分から同10分まで、閣僚懇話室前で報道各社のインタビュー。「参院選は厳しい戦いになると思うか」に「参院選は誠に厳しい戦いだと思います」。同11分、首相会議室へ。同49分、同室を出て執務室へ。

午後1時59分、執務室を出て、同2時、特別応接室へ。同1分、太田昭宏公明党代表と会談開始。中川秀直自民党幹事長、北側一雄公明党幹事長、塩崎恭久官房長官が同席。同19分、会談終了。同20分、同室を出て執務室へ。同21分から同40分まで、赤城徳彦農水相。
午後2時47分、執務室を出て、同48分、官邸発。同3時1分、東京・大手町の経団連会館着。全国信用金庫大会に出席し、あいさつ。同25分、同所発。同34分、官邸着。同35分、執務室へ。
午後3時38分から同57分まで、鈴木政二官房副長官。同58分から同4時32分まで、谷内正太郎外務事務次官。同33分から同5時2分まで、中川自民党幹事長。同3分、執務室を出て大会議室へ。同4分から同30分まで、中央防災会議。同31分、同室を出て執務室へ。

午後5時42分、執務室を出て特別応接室へ。同43分から同6時8分まで、アフガニスタンのハリリ副大統領と会談。同9分、同室を出て執務室へ。
午後6時48分、執務室を出て、同49分から同57分まで、閣僚懇話室前で報道各社のインタビュー。「扇参院議長が会期延長に不快感を示したが」に「国民のために何をなすべきか、どういう責任がわたしたちにはあるかという観点から判断しました」。同58分、官邸発。同7時、公邸着。


※一言※
これだけ与党に逆風が吹き荒れると、選挙投票日までに大きな揺り戻しがありそう。
危機と言われた選挙ほど与党は強い。
国会の会期延長は、その為の中央突破になるのか?それともやはり自爆なのか?問われているのは私たちの1票である。


人気ブログランキング ブログランキング・にほんブログ村
↑↑ クリックして首相の一日に注目しよう!


アウトドア&フィッシング ナチュラム
posted by Mr.K at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 安倍晋三 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月20日

天下りを税金で行うための会期延長

6月20日(水) 安部首相動静

午前9時48分、公邸発。同49分、官邸着。同50分、執務室へ。
午前10時24分から同11時6分まで、鈴木政二官房副長官。
午前11時40分から同56分まで、中山太郎衆院憲法調査特別委員長。

午後0時4分、執務室を出て首相会議室へ。同22分、同室を出て執務室へ。
午後0時40分、執務室を出て、同41分、官邸発。同43分、国会着。同44分、自民党幹事長会議室へ。参院比例代表立候補予定者に公認証渡し。青木幹雄参院議員会長ら同席。同50分、同室を出て、同51分、国会発。同52分、官邸着。同53分、執務室へ。
午後1時39分、執務室を出て、同40分、官邸発。同41分、国会着。同42分、衆院本会議場へ。衆院本会議に出席。
午後2時1分、衆院本会議散会。同2分、衆院本会議場を出て、同4分、国会発。同8分、東京・赤坂のANAインターコンチネンタルホテル東京着。同ホテル内の宴会場「プロミネンス」で故椎名素夫元参院議員をしのぶ会に出席し、あいさつ。同18分、同ホテル発。同22分、官邸着。同23分、執務室へ。
午後2時51分から同3時1分まで、的場順三官房副長官。同2分から同35分まで、漆間巌警察庁長官。
午後4時、執務室を出て、同1分から同23分まで、特別応接室で杉浦正健自民党道州制調査会長ら。同室を出て、同24分、執務室へ。同25分から同40分まで、尾身幸次財務相、藤井秀人財務事務次官ら。
午後4時41分から同52分まで、菅義偉総務相。
午後4時53分から同5時10分まで、武部勤自民党前幹事長。

午後5時11分、執務室を出て、同12分から同33分まで、2階ホワイエで「地域のお宝発掘自慢大会」のパネルを見学。同34分から同39分まで、大ホールで「地域のお宝発掘自慢大会」に出席、あいさつ。同41分、執務室へ。
午後5時56分、執務室を出て、同57分から同6時まで、閣僚懇話室前で報道各社のインタビュー。「教育再生関連法が成立したが、受け止めを」に「この法案の成立によってですね、教育現場を一新をしていき、そして教育新時代を切り開いていきたいと思っています」。同2分、官邸発。同8分、東京・平河町の都市センターホテル着。同10分から同30分まで、同ホテル内の宴会場「コスモスホール」で「地球温暖化問題に係るハイリゲンダム・サミット報告会」に出席、あいさつ。同32分、同ホテル発。同38分、公邸着。


※一言※
どうして、キャリア官僚は税金で再就職先の面倒まで見てもらえるのでしょう?


人気ブログランキング ブログランキング・にほんブログ村
↑↑ クリックして首相の一日に注目しよう!


P IHC.MonotaRO インターネットホームセンター
posted by Mr.K at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 安倍晋三 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月19日

会期末の光景

6月19日(火) 安倍首相動静

午前7時56分、公邸発。同57分、官邸着。同58分、執務室へ。
午前8時2分から同17分まで、鈴木政二官房副長官。同25分、執務室を出て、同26分、官邸発。同27分、国会着。同28分、院内大臣室へ。
午前8時30分から同43分まで、都市再生本部。同48分、閣議開始。
午前9時3分、閣議終了。同4分から同5分まで、麻生太郎外相。同6分から同8分まで、冬柴鉄三国土交通相。同9分から同12分まで、伊吹文明文部科学相。
午前9時55分、院内大臣室を出て、同57分、参院第1委員会室へ。同10時、参院文教科学委員会開会。

午後0時24分、参院文教科学委員会休憩。同25分、参院第1委員会室を出て、同26分、国会発。同28分、官邸着。同30分、執務室へ。
午後0時35分、執務室を出て首相会議室へ。
午後0時58分、首相会議室を出て執務室へ。同1時10分、執務室を出て、同12分、官邸発。同13分、国会着。同14分、参院第1委員会室へ。同15分、参院文教科学委員会再開。
午後5時1分、参院文教科学委員会を途中退席し、参院第1委員会室を出て、同3分、国会発。同5分、官邸着。同6分、執務室へ。
午後6時9分、執務室を出て、大会議室へ。同10分から同21分まで、経済財政諮問会議。同22分、同室を出て、同23分、官邸発。同24分、公邸着。

午後7時25分、公邸発。「公邸で誰かと会っていたのか」に「…」。同26分、官邸着。同28分、閣僚応接室へ。同32分から同36分まで、臨時閣議。同37分から同40分まで、麻生外相。同41分、同室を出て執務室へ。同44分から同47分まで、的場順三官房副長官。同53分、同室を出て、同54分から同59分まで、特別応接室で報道各社のインタビュー。「経済財政改革の基本方針が閣議決定されたが」に「改革をあくまで貫いてゆくという姿勢を示すことができたと思います。経済成長戦略についても十分に書き込めたと思います。これによって新しい国づくりに向けてスタートしたと思います」。同8時、官邸発。「この後、誰かと会う予定は」に「いや、ないよ」。同1分、公邸着。


※一言※
どうやら、12日間の会期延長の方向らしいが、何のための会期延長なんでしょうね?
本当に通したい法案であれば、それだけの審議時間をあらかじめ確保できるような日程を組むべきだったんじゃないでしょうか?


人気ブログランキング ブログランキング・にほんブログ村
↑↑ クリックして首相の一日に注目しよう!


Oisix(おいしっくす)/Okasix(おかしっくす)
posted by Mr.K at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 安倍晋三 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月18日

朝鮮総連本部の売却?

6月18日(月) 安倍首相動静

午前7時56分、東京・富ケ谷の私邸発。
午前8時14分、官邸着。同15分、執務室へ。同18分、執務室を出て、同19分、大会議室で月例経済報告関係閣僚会議開始。
午前9時6分、同会議終了。同室を出て、同7分、執務室へ。
午前9時14分から同18分まで、下村博文官房副長官。
午前10時30分から同51分まで、高市早苗少子化担当相。
午前11時33分、執務室を出て大会議室へ。同34分から同52分まで、全国トンネルじん肺根絶訴訟原告団との面会。同53分、同室を出て執務室へ。

午後0時6分、執務室を出て、同7分から同8分まで、閣僚懇話室前で報道各社のインタビュー。「先ほどトンネルじん肺訴訟の原告団と会って合意したが、今後の対応は」に「必要な制度改正を行って、具体的な対策を目に見える形で実行していきたいと思います」。同9分、首相会議室へ。同31分、同室を出て執務室へ。
午後0時56分、執務室を出て、同57分、官邸発。同59分、自民党本部着。同1時、総裁室へ。
午後1時8分、弁護士の丸山和也氏が入った。同14分、塩川正十郎元衆院議員が加わった。同21分、中川秀直自民党幹事長が加わった。同53分、塩川氏が出た。同59分、総裁室を出て、同2時、901号室で自民党全国幹事長会議に出席、あいさつ。同20分、同会議を途中退席し、同21分、総裁室へ。同27分、同室を出て、同28分、自民党本部発。同31分、官邸着。同32分、執務室へ。同33分、大田弘子経済財政担当相、根本匠首相補佐官、藤岡文七内閣府政策統括官が入った。同50分、大田、藤岡両氏が出た。同3時、根本氏が出た。
午後3時29分から同32分まで、宮内庁の川島裕、渡辺允新旧侍従長、原口幸市式部官長。同42分から同57分まで、大古和雄防衛省防衛政策局長。同4時55分、執務室を出て、同56分、官邸発。同57分、国会着。同59分、自民党総裁室へ。同5時2分、自民党役員会開始。
午後5時34分、自民党役員会終了。自民党総裁室を出て、同35分、国会発。同37分、官邸着。同38分、執務室へ。

午後5時54分、執務室を出て、同55分から同6時2分まで、閣僚懇話室前で報道各社のインタビュー。「朝鮮総連をめぐる問題で、整理回収機構(RCC)の請求を全面的に受け入れる判決が出たが、受け止めは」に「公的な資金が投入をされているわけですから、RCCとしてですね、その回収に全力を尽くす、これは当然のことだろうと思っています」。同3分、大会議室へ。同5分から同45分まで、ブルネイのボルキア国王兼首相との首脳会談。同47分から同51分まで、南会議室で日・ブルネイ経済連携協定署名式。同52分から同7時4分まで、同室で共同記者発表。同5分、小ホールへ。同7分、ボルキア国王との夕食会開始。二階俊博自民党国対委員長同席。
午後8時28分、夕食会終了。小ホールを出て、同29分から同30分まで、官邸玄関でボルキア国王を見送り。同31分、官邸発。同33分、公邸着。


※一言※
朝鮮総連本部の売却事件?は、良くわからない事件である。
地裁の判決を実質的に逃れるための茶番という論調が主流となっているが、結果的には違うものとなっている。
結局、得をしたのが誰で損をしたのが誰なのか?結果から冷静に分析する必要がありそうに思える。


人気ブログランキング ブログランキング・にほんブログ村
↑↑ クリックして首相の一日に注目しよう!


ゴルフダイジェスト・オンライン
posted by Mr.K at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 安倍晋三 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月17日

人材不足の自民党?

6月17日(日) 安倍首相動静

午前10時現在、公邸。
午前中は来客なく、公邸で過ごす。
午後0時47分、公邸発。同1時10分、東京・豪徳寺の豪徳寺着。首相秘書官の親族の葬儀に参列。同2時33分、同所発。同3時、東京・富ケ谷の私邸着。


※一言※
人材が不足しているのか?、批判を恐れて萎縮しているのか?、選挙区に張り付いているのか?…
年金問題で自民党の立場を語るのに、マスメディアに登場するのは片山参議院幹事長が多いように思われる。
しかし、具体性ゼロで党利党略しか語れない片山氏では逆効果に思えるのであるが…
また、この人材不足感が安倍政権を支えているのも皮肉であるが…
そして、首相は何があっても週末は私邸へ。


人気ブログランキング ブログランキング・にほんブログ村
↑↑ クリックして首相の一日に注目しよう!


ジャパネットたかた メディアミックスショッピング
posted by Mr.K at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 安倍晋三 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月16日

危ない選挙区でのパフォーマンス

6月16日(土) 安倍首相動静

午前7時42分、公邸発。同8時5分、羽田空港着。
午前8時34分、全日空661便で羽田空港発。同10時2分、長崎空港着。同9分から同11分まで、藤井健長崎県副知事ら出迎え。同12分、同空港発。
午前10時48分、長崎市の「ホテルニュー長崎」着。
午前11時から同30分まで、自民党長崎県連主催の集会で演説。同44分から午後0時20分まで、田上富久長崎市長らと昼食。同25分から同39分まで、自民党の北村誠吾衆院議員ら。同40分から同47分まで、長崎県政記者クラブ主催の記者会見。同1時2分、「ホテルニュー長崎」発。

午後1時21分、長崎県長与町の県立長崎シーボルト大学グラウンド着。「長崎県少女サッカー選手権大会」を視察。冨岡勉自民党衆院議員同行。
午後1時54分、同所発。同2時35分、長崎市の故伊藤一長前長崎市長宅着。弔問。同54分、同所発。
午後4時29分、JAさが理事所有の佐賀県小城市の水田着。田植えを体験し、農業関係者と懇談。自民党の今村雅弘衆院議員ら同行。同5時6分、同所発。
午後5時16分、佐賀市の佐賀市文化会館。同31分から同6時17分まで、古川康佐賀県知事らと懇談。同23分から同32分まで、佐賀県政記者クラブ主催の記者会見。同46分から同7時15分まで、自民党佐賀県連主催の集会で演説。同18分、同所発。
午後8時8分、福岡空港着。
午後8時59分、全日空272便で福岡空港発。同10時14分、羽田空港着。同26分、同空港発。
午後10時49分、公邸着。


※一言※
長崎に佐賀と微妙なところへの訪問している。
そういえば、事実上の第一声も北海道だし、多摩川のごみ拾いは東京都だし、田上は佐賀県だし…
微妙な都道府県での微妙なパフォーマンスが続く。


人気ブログランキング ブログランキング・にほんブログ村
↑↑ クリックして首相の一日に注目しよう!


セブンドリーム・ドットコム
posted by Mr.K at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 安倍晋三 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月15日

内閣支持率が危険水域へ

6月15日(金) 安倍首相動静

午前8時18分、公邸発。同19分、官邸着。同20分、執務室へ。同21分から同45分まで、森喜朗元首相、町村信孝前外相、茂木敏充自民党筆頭副幹事長。同46分、同室を出て、同47分、官邸発。同48分、国会着。同49分、院内大臣室へ。同52分、閣議開始。
午前9時7分、閣議終了。同8分から同10分まで、冬柴鉄三国土交通相。同11分から同13分まで、若林正俊環境相。同14分から同18分まで、大田弘子経済財政担当相。同19分から同20分まで、高市早苗内閣府特命担当相(IT担当)。同21分から同22分まで、菅義偉総務相。同38分、院内大臣室を出て、同39分、国会発。
午前9時59分、東京・本郷の東京大付属病院着。放射線治療施設の視察。太田昭宏公明党代表が同行。同10時16分から同19分まで、病院内で報道各社のインタビュー。「マカオ政府がBDAの北朝鮮関連資金の送金完了を発表したが」に「さまざまな情報に接しているが、まだコメントは差し控えたい。いずれにせよ6者会合で合意した初期段階の措置について、北朝鮮がしっかりと対応することが大事だと思います」。同21分、同所発。
午前10時48分、官邸着。同49分、執務室へ。同11時7分、同室を出て、同8分から同28分まで、特別応接室で第2期日韓歴史共同研究の鳥海靖委員長ら日本側委員。同29分、執務室へ。
午前11時30分から同50分まで、小池百合子首相補佐官。同51分から午後0時まで、萩生田光一自民党青年局長。

午後0時1分、執務室を出て首相会議室へ。町村前外相、石破茂元防衛庁長官。同11分、塩崎恭久官房長官が加わった。同51分、全員が出た。執務室へ。同1時54分、同室を出て、同55分、官邸発。同56分、国会着。同57分、衆院本会議場へ。同2時2分、衆院本会議開会。
午後2時19分、衆院本会議を途中退席し、衆院本会議場を出て、同20分、国会発。同27分、皇居着。内奏。
午後3時34分、皇居発。同42分、官邸着。同43分、執務室へ。
午後3時53分から同4時29分まで、外務省の河野雅治外務審議官、渥美千尋南部アジア部長。世耕弘成首相補佐官同席。同30分、執務室を出て、同31分から同39分まで、特別応接室で薬物乱用防止キャンペーンキャラクターの松浦亜弥さんら。同40分、執務室へ。
午後4時46分、執務室を出て、同47分、官邸発。同58分、東京・飯田橋のホテルグランドパレス着。同59分から同5時6分まで、同ホテル内の宴会場「パールルーム」で内外ニュースの林宏社長。同7分から同28分まで、同ホテル内の宴会場「ダイヤモンドルーム」で「内外ニュース創業35周年記念講演会並びに夕食会」に出席し、あいさつ。同29分、同ホテル発。同40分、官邸着。同41分、執務室へ。

午後6時、執務室を出て、同1分から同8分まで、閣僚懇話室前で報道各社のインタビュー。「BDA問題で資金の送金が完了したとマカオ市当局が発表したが」に「送金が行われたということがですね、事実であれば北朝鮮がいわば要求していたことが実現をして、したことになります。彼らが約束を実行しないという理由はもうこれでなくなったと思います」。同9分、官邸発。同10分、公邸着。


※一言※
時事通信の調査で内閣支持率が30%を切ったことが発表された。
いつ内閣が倒れてもおかしくない危険水域に突入したらしい。
しかし、ポスト安倍が見えなければ、内閣支持率が危険水域でもこの内閣は倒れそうもない。
そして、焦点の参議院選挙でもソコソコの議席は獲得できそうである。


人気ブログランキング ブログランキング・にほんブログ村
↑↑ クリックして首相の一日に注目しよう!


ソースネクスト
posted by Mr.K at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 安倍晋三 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月14日

会期延長?

6月14日(木) 安倍首相動静

午前8時16分、公邸発。同17分、官邸着。同18分、執務室へ。
午前8時21分、執務室を出て、同22分から同45分まで、大会議室で総合科学技術会議。同46分、執務室へ。
午前8時49分、執務室を出て、同50分から同9時22分まで、南会議室で若林正俊環境相、麻生太郎外相、甘利明経済産業相、塩崎恭久官房長官。同23分、執務室へ。同28分、同室を出て、同30分から同31分まで、玄関ホールでカンボジアのフン・セン首相を出迎え、記念撮影。同33分から同42分まで、南庭で歓迎行事。同44分から同46分まで、玄関ホールでフン・セン首相を見送り。同47分、執務室へ。
午前10時18分から同11時11分まで、鈴木政二官房副長官。

午後0時9分、執務室を出て首相会議室へ。同23分、同室を出て執務室へ。
午後0時53分、執務室を出て、同55分、官邸発。同56分、国会着。同58分、参院第1委員会室へ。同1時、参院厚生労働委員会再開。
午後4時6分、参院厚生労働委を途中退席し、参院第1委員会室を出て、同8分、国会発。同10分、官邸着。同11分、執務室へ。
午後4時52分から同5時21分まで、三谷秀史内閣情報官。

午後5時45分、執務室を出て、同46分から同53分まで、閣僚懇話室前で報道各社のインタビュー。「年金記録の把握のためカードの導入が検討されているようだが」に「いわゆる社会保障番号をですね、カードとしてですね、制度としてそういう仕組みを作ったら便利ではないかという声があるのも事実だと思いますね」。同55分、執務室へ。
午後6時、執務室を出て、同1分、大会議室へ。同4分、カンボジアのフン・セン首相との首脳会談開始。
午後6時51分、会談終了。同53分から同56分まで、南会議室で共同声明署名式。同7時3分から同7分まで、大ホール前でフン・セン首相と晩さん会出席者を出迎え。同8分、大ホールでフン・セン首相との晩さん会開始。
午後8時41分、晩さん会終了。同42分から同45分まで、玄関ホールでフン・セン首相を見送り。同46分、官邸発。同48分、公邸着。


※一言※
何が何でも公務員改革と称される、公務員の再就職を税金で面倒を見るための法律案を成立させたいために、会期延長らしい…
このキャッチフレーズは嫌いだが、
民間にできることは民間に!「官から民へ」が、一連の改革のお題目ではなかったのか?


人気ブログランキング ブログランキング・にほんブログ村
↑↑ クリックして首相の一日に注目しよう!


サントリー健康食品オンラインショップ
posted by Mr.K at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 安倍晋三 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月13日

裸の王様?

6月13日(水) 安倍首相動静

午前8時42分、公邸発。同43分、官邸着。同44分、執務室へ。同45分から同9時2分まで、松田隆利総務事務次官。坂篤郎官房副長官補同席。同4分から同19分まで、鈴木政二官房副長官。
午前8時42分、公邸発。同43分、官邸着。同44分、執務室へ。同45分から同9時2分まで、松田隆利総務事務次官。坂篤郎官房副長官補同席。同4分から同19分まで、鈴木政二官房副長官。
午前10時20分、執務室を出て、同21分、官邸発。同23分、国会着。同24分、参院議長応接室へ。同25分、参院本会議場へ。参院本会議に出席。同42分、参院本会議を途中退席し、参院本会議場を出て、同43分、国会発。同45分、官邸着。同46分、執務室へ。
午前11時23分、執務室を出て、同24分、官邸発。同32分、東京・内幸町の帝国ホテル着。同ホテル内の宴会場「孔雀の間」で「故植田新也元産経新聞社社長お別れの会」に出席し、献花。同34分、同ホテル発。同42分、官邸着。同43分、執務室へ。午後0時1分、執務室を出て首相会議室へ。
午後0時23分、首相会議室を出て執務室へ。

午後0時55分、執務室を出て、同56分、官邸発。同57分、国会着。同59分、参院第41委員会室へ。同1時、参院ODA特別委員会開会。
午後3時、参院ODA特別委散会。参院第41委員会室を出て、同2分、国会発。同4分、自民党本部着。同5分から同27分まで、901号室で全国政調会長会議に出席し、あいさつ。同28分、同室を出て、同31分から同34分まで、総裁室で次期参院選立候補予定者に公認証交付、写真撮影。中川秀直自民党幹事長ら同席。同35分、党本部発。同38分、官邸着。同39分、執務室へ。
午後3時40分から同4時17分まで、外務省の河野雅治外務審議官、渥美千尋南部アジア部長。同18分から同28分まで、相沢益男総合科学技術会議議員、丸山剛司内閣府政策統括官。坂官房副長官補同席。同31分、執務室を出て、同32分、官邸発。
午後4時39分、皇居着。天皇皇后両陛下招待の欧州5カ国ご訪問尽力者とのお茶会に出席。麻生太郎外相、冬柴鉄三国土交通相同席。同5時45分、皇居発。同52分、官邸着。同53分、執務室へ。

午後6時4分から同30分まで、中川自民党幹事長。同31分から同36分まで、財務省の藤井秀人事務次官、津田広喜主計局長、石井道遠主税局長。同37分から同52分まで、菅義偉総務相。同56分、執務室を出て、同57分から同7時1分まで、閣僚懇話室前で報道各社のインタビュー。「年金対策について自民党全国政調会長会議で厳しい声があがっていたが」に「いやよくやってもらっているという声を随分、聞きました」。同2分、官邸発。同3分、公邸着。同4分、石原慎太郎東京都知事、石原伸晃自民党幹事長代理と会食。
午後9時4分、会食終了。全員出た。


※一言※
他の報道では、全国政調会長会議で厳しい声があがったとなっているが、安倍首相には激励どころか、良くやっているという声が届いているらしい。
裸の王様?鈍感力?
たぶん政権は末期的な症状なのであろうが、それ以上にマスメディアも末期的な症状を呈している。


人気ブログランキング ブログランキング・にほんブログ村
↑↑ クリックして首相の一日に注目しよう!


Apple Store(Japan)
posted by Mr.K at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 安倍晋三 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。