2007年08月19日

政権末期の首相を受け入れる側の論理

8月19日(日) 安倍首相動静

午前10時8分から同10分まで、公邸玄関前で報道各社のインタビュー。「外遊から帰るとすぐに組閣に入ると思うが、大枠は固まったか」に「今、熟慮をしながら、だんだん固めているということです」。同11分、公邸発。同30分、羽田空港着。同53分、インドネシア、インド、マレーシアの訪問のため、政府専用機で昭恵夫人とともにジャカルタへ向けて同空港発。

(現地時間)
◇午後
ジャカルタ・ハリム空港着。ジャカルタ市内のホテルで在留邦人代表と懇談。


※一言※
だらだらと内閣改造も行わずに、政治的な空白を生じさせているだけの安倍首相が外遊に出発した。
さて、政権末期(と思われる)首相を受け入れる側の国々は、どう感じのだろうか?



人気ブログランキング ブログランキング・にほんブログ村
↑↑ クリックして首相の一日に注目しよう!


リフォーム ホームプロ

posted by Mr.K at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 安倍晋三 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/52189109

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。