2007年08月15日

静かに平和を祈る日に

8月15日(水) 安倍首相動静

午前9時34分、公邸発。同35分、官邸着。同36分、執務室へ。同40分から同58分まで、尾身幸次財務相。
午前10時1分、執務室を出て、同2分、閣僚応接室へ。同3分、同室を出て閣議室へ。閣議開始。
午前10時14分、閣議終了。同15分、執務室へ。
午前10時16分から同44分まで、塩崎恭久官房長官、坂篤郎官房副長官補、石田徹経済産業省産業技術環境局長ら。
午前11時14分、執務室を出て、同15分、官邸発。同23分、東京・三番町の千鳥ケ淵戦没者墓苑着。献花。同27分、同所発。
午前11時32分、東京・北の丸公園の日本武道館着。
午前11時51分から午後0時49分まで、全国戦没者追悼式。同51分、同所発。同58分、官邸着。同1時、執務室へ。

午後1時16分、執務室を出て、同17分から同23分まで、官邸エントランスホールで報道各社のインタビュー。「8月15日に靖国神社を参拝しない理由は」に「参拝した、しなかった、する、しない、外交問題なっている以上そのことを申し上げる考えはございません」。同24分、執務室へ。
午後1時45分、執務室を出て首相会議室へ。同2時8分、同室を出て執務室へ。
午後2時36分から同55分まで、甘利明経済産業相。同56分から同3時4分まで、根本匠首相補佐官。同5分から同10分まで、塩崎官房長官。
午後3時11分、執務室を出て首相会議室へ。
午後3時12分から同5時20分まで、下村博文官房副長官ら。同21分、首相会議室を出て執務室へ。同41分から同55分まで、渡辺喜美行革担当相。同6時31分、執務室を出て、同32分、官邸発。同33分、公邸着。


※一言※
今年も8月15日がやってきた。
最近、靖国問題は対中国や対韓国といった外交問題の枠組みで語られることが多いが、これは立派な国内問題。
昨年スクープされた「富田メモ」の真偽はともかく、天皇陛下が、A級戦犯合祀後靖国神社を参拝しなくなったのは事実。そして、靖国問題の焦点はここにある。
東京裁判の正当性は別として、東京裁判が不当だからといって戦争に導いた指導者の責任がなくなるわけではない。
そして、日本政府はその問題に自ら向き合ってこなかった。
戦争に導いた責任をどう捉えるのか?そして、戦争を終わらせなかった責任をどう捉えるのか?靖国の問題は、この問題抜きに考えることはできない。


人気ブログランキング ブログランキング・にほんブログ村
↑↑ クリックして首相の一日に注目しよう!


Oisix(おいしっくす)/Okasix(おかしっくす)
posted by Mr.K at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 安倍晋三 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。