2006年12月07日

成蹊小学校の給食...

12月7日(木) 安倍首相動静

午前7時54分、公邸発。「小泉前首相が訪朝を検討しているとの報道があるが」に「(笑って)知らない」。同59分、東京・紀尾井町の赤坂プリンスホテル着。同ホテル内のレストラン「ブルーガーデニア」で御手洗冨士夫日本経団連会長、伊藤元重東大教授らとの朝食勉強会に出席。
午前9時37分、同所発。同42分、官邸着。同43分、執務室へ。
午前9時54分、執務室を出て、同55分から同11時10分まで、大会議室でビジット・ジャパン・キャンペーンのビデオ撮影。同11分、執務室へ。同46分から午後0時2分まで、根本匠首相補佐官。同11分、執務室を出て、同12分、官邸発。

午後0時29分、東京・市谷仲之町の新宿区立牛込仲之小学校着。六年一組の児童と給食を食べ、懇談。山谷えり子、世耕弘成両首相補佐官同行。同1時17分、懇談終了。同18分から同24分まで、校庭で報道各社のインタビュー。「給食はおいしかったか」に「おいしかったですね。わたしの子どものころよりもおいしくなったような気がします」。同25分、同所発。同40分、官邸着。同41分、執務室へ。同2時3分、同室を出て、同4分から同15分まで、特別応接室で全国トラックドライバーコンテスト優勝者の篠原英之さんらの表敬。同16分、執務室へ。
午後2時30分、尾身幸次財務相、財務省の藤井秀人事務次官、津田広喜主計局長、石井道遠主税局長が入った。同40分、坂篤郎官房副長官補が加わった。同3時、坂氏が出た。同32分、全員出た。執務室を出て、同33分から同4時3分まで、特別応接室で日本経団連機関誌の新年号企画で御手洗冨士夫会長と対談。同4分、執務室へ。同5分から同43分まで、漆間巌警察庁長官。同5時1分、執務室を出て、同2分、首相会議室で安全保障会議開始。
午後5時14分、安全保障会議終了。同15分、執務室へ。
午後5時30分、執務室を出て、同31分、大会議室で経済財政諮問会議開始。
 
午後7時7分、同会議終了。同9分、大会議室を出て、同10分、執務室へ。同30分、執務室を出て、同31分から同36分まで、特別応接室で報道各社インタビュー。「道路特定財源の一般財源化で政府・与党の合意に満足しているか」に「大切なことは税収が自動的にすべて道路に振り向けられていくという仕組みを変えていくということが決まったことであって、それを変えていくということが決まりました」。同38分、官邸発。同42分、東京・虎ノ門のホテルオークラ着。同ホテル内の日本料理店「山里」で読売新聞グループ本社の渡辺恒雄会長、朝日新聞社コラムニストの早野透氏ら「山里会」のメンバーと会食。
午後9時43分、同ホテル発。同49分、公邸着。


※一言※
安倍首相は成蹊小学校から成蹊中学、高校を経て成蹊大学を卒業している。
成蹊小学校が給食だったかどうかしらないが、私立小学校の給食と公立小学校の給食を比べてもねぇ...
それとも成蹊小学校の給食は、美味しくなかったのか?

道路特定財源については、安倍首相の語る「自動的に振り向けられる仕組み」という一言がすべてを象徴している。
使用目的に反する目的税は、返還すべきもの。
将来、消費税が福祉目的税化されても、同じ論理が成り立つことを良く覚えておく必要がある。
つまり、徴収された税金が目的以外に使われることに、政治家はまったく抵抗が無い!ということである。


人気ブログランキング ブログランキング・にほんブログ村
↑↑ クリックして首相の一日に注目しよう!

posted by Mr.K at 23:59| Comment(0) | TrackBack(1) | 安倍晋三 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/29176195

この記事へのトラックバック

道路特定財源
Excerpt: 道路特定財源は払った税金で造られた物を払った者が使ったか、を考えるべきです。
Weblog: 和人
Tracked: 2006-12-10 11:49
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。