2006年10月03日

北の核実験

10月3日 安倍首相
午前7時42分、東京・富ケ谷の私邸発。
午前8時、官邸着。同1分から同3分まで、エントランスホールで「赤い羽根共同募金」に寄付。同4分、執務室へ。
午前8時5分から同40分まで、鈴木政二官房副長官。
午前8時54分、執務室を出て、同55分、官邸発。同57分、国会着。同58分、院内大臣室へ。同9時から同9分まで、閣議。同10分から同14分まで、久間章生防衛庁長官。同15分から同33分まで、麻生太郎外相。
午前9時34分から同36分まで、黒川清東大名誉教授に内閣特別顧問の辞令交付。塩崎恭久官房長官、下村博文、的場順三官房副長官が同席。同56分、院内大臣室を出て、同58分、参院議長応接室へ。同59分、同室を出て参院本会議場へ。午前10時1分、本会議開会。
午前11時51分、参院本会議散会。同52分、本会議場を出て、同53分、国会発。同55分、官邸着。同56分、執務室へ。
午後0時17分、執務室を出て首相会議室へ。同41分、執務室へ。
午後1時13分から同53分まで、下村官房副長官。同54分、執務室を出て、同55分、官邸発。同58分、国会着。同59分、衆院議長応接室へ。午後2時、同室を出て衆院本会議場へ。同2分、本会議開会。
午後4時15分、衆院本会議散会。本会議場を出て、同17分、国会発。同18分、官邸着。同19分、執務室へ。
午後4時24分から同39分まで、中川昭一自民党政調会長。
午後5時30分から同45分まで、ハワード豪首相と電話会談。世耕弘成首相補佐官、佐々江賢一郎外務省アジア大洋州局長同席。
午後6時48分から同55分まで、塩崎官房長官、安藤裕康、柳沢協二両官房副長官補、三谷秀史内閣情報官。同7時34分、執務室を出て、同35分から41分まで、閣僚懇話室前で報道各社のインタビュー。「北朝鮮が核実験を行うと声明を出したが」に「塩崎官房長官に対して状況を分析するように指示した。またいま米国に向かっている小池安全保障担当補佐官に対してワシントンにおいてハドレー安全保障担当補佐官と情報、意見交換をするように指示した」。同42分、官邸発。同58分、私邸着。「核実験の具体的な兆候はあるのか」に「…」


※一言※
北が核実験を行うという声明を出しました。
安倍さんが無言の時は、きっと話すことがない時...
いくつかの応対でそんな気がします。


人気blogランキングへ
↑↑ クリックして首相の一日に注目しよう!



Apple Store(Japan)
posted by Mr.K at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 安倍晋三 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。