2007年08月09日

小池大臣の失言

8月9日(木) 安倍首相動静

午前7時1分、公邸発。
午前7時25分、羽田空港着。
午前8時、日本航空1841便で羽田空港発。同9時20分、長崎空港着。
午前9時25分から同58分まで、長崎空港内の貴賓室で金子原二郎長崎県知事ら。同59分、同空港発。
午前10時35分、長崎市の平和公園着。長崎原爆犠牲者慰霊平和祈念式典に出席し、献花、あいさつ。
午前11時44分から同49分まで、平和公園内で報道各社のインタビュー「唯一の被爆国としてどのような外交を展開するか」に「現実的に核の廃絶に向けて、一つ一つ努力を積み重ねていくことが重要だ」。同50分、同所発。同57分、長崎市の「ベストウェスタンプレミアホテル長崎」着。被爆者団体の代表と懇談。柳沢伯夫厚生労働相、田上富久長崎市長らが同席。午後0時30分、同所発。同1時5分、長崎空港着。

午後1時7分から同17分まで、長崎空港内の貴賓室で立石暁長崎県副知事ら。同18分から同2時まで、秘書官と昼食。同15分、全日空666便で長崎空港発。同3時38分、羽田空港着。同47分、同空港発。
午後4時37分、官邸着。同38分、執務室へ。
午後5時20分から同30分まで、根本匠首相補佐官。
午後5時35分、執務室を出て大会議室へ。同36分から同50分まで、経済財政諮問会議。同51分、同室を出て執務室へ。
午後5時57分から同6時23分まで、渡辺喜美行革担当相、茂木友三郎行政減量・効率化有識者会議座長ら。
午後6時48分、執務室を出て、同49分から同55分まで、閣僚懇話室前で報道各社のインタビュー。「山崎拓元自民党副総裁が小池防衛相の訪米を無目的と批判したが」に「そんなことはありませんね。日米同盟重要です」。同56分、首相会議室へ。同57分、塩崎恭久官房長官らと会食。
午後9時9分、首相会議室を出て執務室へ。同10分から同11分まで、的場順三官房副長官。同17分、執務室を出て、同18分、官邸発。同19分、公邸着。


※一言※
重要な取引がうっかりした一言でダメになることがある。これを「失言」と言うが、小池百合子防衛大臣の「カレンダーが止まっている」発言はまさにこれ。
わざわざ、国会を休んでまで出掛けたアメリカで、この秋の国会の最大テーマであるテロ特措法延長に自らハードルを上げてしまった。
この言葉を言われた側は、頑な態度になることは明確。
会社では、担当換えがあってもおかしくないほど重い失言であろう。
小沢代表は「米軍中心の活動を、直接的に規定する国連安保理決議はない」から反対しているのであって、なんでもかんでもアメリカに追従することが国益となるという現政府の考え方とは根本的に異なる。
その考え方の違いを乗り越え、妥協の道を探り、延長に漕ぎ着けるのが担当大臣の役割ではないのであろうか?
小池大臣は、アメリカに媚を売りに行った。
そう捉えられても仕方のない一幕である。


人気ブログランキング ブログランキング・にほんブログ村
↑↑ クリックして首相の一日に注目しよう!


ソースネクスト
posted by Mr.K at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 安倍晋三 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。