2007年08月03日

本当にできるのか?

8月3日(金) 安倍首相動静

午前9時50分、公邸発。同52分、官邸着。同53分、執務室へ。
午前9時59分、執務室を出て、同10時、閣僚応接室へ。同1分、同室を出て閣議室へ。同2分、閣議開始。
午前10時16分、閣議終了。同17分、閣議室を出て執務室へ。同18分から同49分まで、山本有二金融担当相。

午後0時10分、執務室を出て、同11分から同13分まで、閣僚懇話室前で報道各社のインタビュー。「内閣改造、自民党役員人事について、昨年秋の組閣の際、首相は派閥推薦を受けないと明言したが、今回はどうか」に「今回もその方針で臨んでいきたいと考えています」。同15分、首相会議室へ。同49分、同室を出て執務室へ。
午後1時29分から同38分まで、的場順三官房副長官。
午後3時20分、大田弘子経済財政担当相、塩崎恭久官房長官が入った。同30分、根本匠首相補佐官、坂篤郎官房副長官補、藤岡文七、松元崇両内閣府政策統括官が加わった。同50分、全員出た。同52分、執務室を出て、同53分、官邸発。同56分、自民党本部着。同57分、総裁室へ。
午後4時18分から同5時14分まで、中川秀直自民党幹事長。同15分、総裁室を出て、同16分、自民党本部発。同19分、官邸着。同20分、執務室へ。同24分から同35分まで、的場官房副長官。
午後5時56分から同6時4分まで、山谷えり子首相補佐官。
午後6時33分、執務室を出て、同34分から同41分まで、大会議室前で報道各社のインタビュー。「政府・与党内からは早期改造を求める声が高まっているが、外遊から帰られた8月末までに断行する考えは」に「わたしもそんなに長い時間を置くというつもりはございません」。同42分、官邸発。同43分、公邸着。


※一言※
『安倍晋三首相は、すべての政治団体を対象に1円以上の支出に領収書添付を義務付ける政治資金規正法の再改正が望ましいとの考えを表明。しかし、党内からは異論が続出しており、…』
たぶん、安倍首相は政治資金規正法の再改正は行えない気がする…


人気ブログランキング ブログランキング・にほんブログ村
↑↑ クリックして首相の一日に注目しよう!


BEST!From北海道
posted by Mr.K at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 安倍晋三 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。