2006年12月22日

展望が開けない北の情勢

12月22日(金) 安倍首相動静

午前9時53分、公邸発。同54分、官邸着。同55分、執務室へ。
午前10時1分、執務室を出て、同2分、閣僚応接室へ。同3分、同室を出て、閣議室へ。閣議開始。同23分、閣議終了。
午前10時25分、執務室へ。同26分、佐田玄一郎規制改革担当相、伊吹文明文科相が入った。同32分、佐田氏が出た。同43分、伊吹氏が出た。同44分から同49分まで、尾身幸次財務相。同50分から同55分まで、麻生太郎外相。
午前11時30分、執務室を出て特別応接室へ。同32分から同48分まで、アブドラ国王と日・ヨルダン首脳会談。同室を出て大会議室へ。同49分、首脳会談全体会合開始。
午後0時18分、全体会合終了。
 
午後0時20分から同1時17分まで、小ホールで同国王との昼食会。同18分から同20分まで、官邸玄関で同国王を見送り。同21分、執務室へ。
午後2時から同7分まで、田中伸男国際エネルギー機関(IEA)次期事務局長。
午後2時20分から同33分まで、大田弘子経済財政担当相。
午後2時34分、執務室を出て首相会議室へ。同34分から同3時45分まで、塩崎恭久、下村博文、鈴木政二、的場順三正副官房長官。同46分、執務室へ。同4時1分、執務室を出て特別応接室へ。同2分から同17分まで、全国知事会会長の麻生渡福岡県知事ら地方六団体代表。
午後4時18分、執務室へ。同30分、執務室を出て、同31分、大ホールへ。同31分から同46分まで、内閣、内閣府永年勤続者表彰式。同47分、大ホールを出て、同48分、執務室へ。
午後5時から同12分まで、山口泰明衆院外務委員長。同50分から同6時5分まで、尾身財務相。
午後6時20分から同35分まで、塩崎長官。同56分、執務室を出て、同57分から同7時4分まで、閣僚懇話室前で報道各社のインタビュー。「拉致問題についても今回の協議では触れられず、進展はなかったが今後の交渉の在り方は」に「この拉致問題についても、われわれは北朝鮮が誠意ある対応をしない、そのこともかんがみて制裁を行っています。この問題についても対話と圧力の姿勢で解決を目指していきたいと思います」。同5分、官邸発。同14分、東京・内幸町の帝国ホテル着。同ホテル内の日本料理店「なだ万」で自民党の中川秀直幹事長、武部勤前幹事長、久間章生防衛庁長官。
午後8時57分、同ホテル発。同9時4分、公邸着。「きょう、幹事長らとどのような話をしたのか」に「まあ、昔話を」。「盛り上がったか」に「まあ、それなりに」。


※一言※
「拉致の安倍」としての対北朝鮮政策は、「対話と圧力」ではなく「圧力による屈服」しか無いのであろうが、それとて展望が開けているわけではない。
やはり、北の体制崩壊後のシナリオを、中国・韓国と協力して描ききることが必要であろう。
北からすれば、日本と中国・韓国の足並みが揃わないことは、一つの安心材料であろうから、チキンレースを行えている現実を直視する時期であろう。


人気ブログランキング ブログランキング・にほんブログ村
↑↑ クリックして首相の一日に注目しよう!


アウトドア&フィッシング ナチュラム
posted by Mr.K at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 安倍晋三 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月21日

更迭できない任命者

12月21日(木) 安倍首相動静

午前9時27分、公邸発。「本間会長が辞任の意向を示したようだが報告は受けているか」に「後で官房長官が発表しますから」。「本人と話したのですか」に「本人とは電話で話しました」。「了承したのか」に「それは後で官房長官が発表します」。同28分、官邸着。同29分、執務室へ。同32分、執務室を出て、同33分、大会議室へ。教育再生会議開始。
午前11時1分、同会議終了。同4分、執務室へ。
午前11時30分、執務室を出て、同31分、官邸発。同39分、皇居着。天皇・皇后両陛下と昼食。午後1時38分、皇居発。同46分、官邸着。同47分、執務室へ。

午後1時54分から同2時11分まで、中川秀直自民党幹事長。同12分から同20分まで、高市早苗沖縄・北方担当相。同21分から同29分まで、自民党の二田孝治広報本部長、片山さつき広報局長。
午後2時30分から同57分まで、評論家の竹村健一氏。同3時1分、執務室を出て、同2分、小ホールへ。「野口英世アフリカ賞」に関する有識者会議に出席しあいさつ。同18分、小ホールを出て、同19分、執務室へ。
午後3時27分から同31分まで、塩崎恭久官房長官。同32分、執務室を出て、同32分から同4時4分まで、小ホールで阿部知之駐トルコ大使、宮村智駐ケニア大使ら中東・アフリカ大使会議の出席者。同6分、執務室へ。同7分から同12分まで、丹羽雄哉自民党総務会長。
午後4時19分、三谷秀史内閣情報官、椋木功防衛庁情報本部長が入った。同27分、大古和雄防衛庁防衛政策局長が加わった。同36分、大古、椋木両氏が出た。
午後5時、三谷氏が出た。
午後5時50分から同6時12分まで、小池百合子首相補佐官。同13分から同15分まで、山谷えり子首相補佐官。
午後6時52分、執務室を出て、同53分から同7時8分まで、閣僚懇話室前で報道各社のインタビュー。「政府税調の本間会長が辞任することとなった。受け止めを」に「けさ、本間会長から電話をいただきまして、『一身上の都合で税調会長を辞任させていただきたい。期待に応えられず申し訳ない』というお話をいただきました。私もそういうことであれば、やむを得ないということで了承いたしました」。同10分、官邸発。同22分、東京・西麻布の霞会館着。秘書官、官邸スタッフと食事。
午後9時8分、同所発。同19分、公邸着


※一言※
事実上の更迭と報じたメディアもあったが、本間税調会長は一身上の都合により本人の申し出によって辞任し、安倍首相もそれを追認したのが真実であろう。
辞任と更迭、事実上どうであったのか?を問う前に、この2つには大きな壁がある。
つまり、安倍首相及び官邸サイドからは、最後まで辞めてもらいたいという旨の発言は出なかった。
そして、それによって任命責任を回避するつもりであろうが...


人気ブログランキング ブログランキング・にほんブログ村
↑↑ クリックして首相の一日に注目しよう!


P IHC.MonotaRO インターネットホームセンター
posted by Mr.K at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 安倍晋三 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月20日

ひっそりと退去

12月20日(水) 安倍首相動静

午前8時55分、公邸発。同56分、官邸着。同57分、執務室へ。同9時1分、執務室を出て、同2分、閣僚応接室へ。同3分、同室を出て、閣議室へ。臨時閣議開始。
午前9時15分、臨時閣議終了。
午前9時16分から同20分まで、菅義偉総務相。同24分、執務室へ。同25分から同27分まで、財務省の藤井秀人事務次官、津田広喜主計局長。同30分から同51分まで、大田弘子経済財政担当相、高橋進内閣府政策統括官。根本匠首相補佐官、坂篤郎官房副長官補が同席。
午前10時2分、執務室を出て、同3分から同35分まで、小ホールで国家安全保障に関する官邸機能強化会議。同36分、執務室へ。
午前11時38分から午後0時13分まで、山谷えり子首相補佐官、土居征夫教育再生会議担当室室長代理ら。同25分、執務室を出て首相会議室へ。同46分、同室を出て執務室へ。同47分から同1時10分まで、豊田章一郎愛知万博協会会長。

午後1時26分、執務室を出て、同27分、官邸発。同31分、自民党本部着。同33分から同2時21分まで、総裁応接室で中国新聞の新年企画で中川秀直自民党幹事長と対談。同22分、党本部発。同25分、官邸着。同26分、執務室へ。
午後2時58分、執務室を出て、同59分から同3時19分まで、特別応接室で氏家純一日米経済協議会会長ら。同20分、執務室へ。
午後3時31分から同44分まで、南会議室で日本プロスポーツ大賞を受けたワールド・ベースボール・クラシック(WBC)王貞治監督ら。森元首相ら同席。同45分から同57分まで、森氏。同58分、執務室へ。
午後4時15分から同27分まで、自民党党改革実行本部の石原伸晃本部長、西村康稔事務局長、宮沢洋一公募制度小委員長。同32分、執務室を出て、同33分、大会議室で経済財政諮問会議。同5時34分、同会議終了。大会議室を出て、同35分、執務室へ。
午後5時36分から同54分まで、麻生太郎外相。
午後6時32分、執務室を出て、同33分から同41分まで、閣僚懇話室前で報道各社のインタビュー。「きのうの記者会見で首相が長く話されて、幹事質問2問のみで終わってしまったが、この理由について」に「あの、ちょっと熱が入りまして、あの、私の最初の話が長くなりました。その後、事務的な行き違いがあってああいう形になったのでありまして、そのことについて申し訳ないと思います」。同42分、官邸発。同43分、公邸着。


※一言※
この日までに本間政府税制調査会長が、神宮前の公務員宿舎から退去したらしい。
これで、辞任は決定的であろう。


人気ブログランキング ブログランキング・にほんブログ村
↑↑ クリックして首相の一日に注目しよう!


ゴルフダイジェスト・オンライン
posted by Mr.K at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 安倍晋三 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月19日

呼ばぬまま閉会

12月19日(火) 安倍首相動静

午前8時40分、公邸発。同41分、官邸着。同42分、執務室へ。
午前8時47分、執務室を出て、同48分、小ホールへ。経済対策閣僚会議開始。
午前9時6分、同会議終了。小ホールを出て、同7分、執務室へ。
午前9時11分、執務室を出て、同12分、閣議室へ。同13分、閣議開始。
午前9時32分、閣議終了。同33分から同34分まで、高市早苗沖縄・北方担当相。
午前9時35分、執務室へ。同36分から同45分まで、甘利明経済産業相、望月晴文資源エネルギー庁長官、豊田正和経済産業省通商政策局長。
午前10時3分、執務室を出て、同4分、官邸発。同6分、国会着。同7分、参院議長室へ。扇千景参院議長にあいさつ。鈴木政二官房副長官、自民党の片山虎之助参院幹事長、矢野哲朗参院国対委員長同席。同8分、同室を出て、同9分、参院副議長室へ。角田義一参院副議長にあいさつ。同10分、同室を出て、参院議院運営委員長室へ。市川一朗参院議運委員長にあいさつ。同11分、同室を出て、同12分から同15分まで、参院与党各会派にあいさつ回り。同18分、国会発。同19分、官邸着。同20分、執務室へ。
午前10時50分から同11時2分まで、根本匠首相補佐官。
午前11時3分から同23分まで、シーファー駐日米大使。同24分、執務室を出て、同25分、大ホールへ。電源立地促進功労者表彰式。同40分、大ホールを出て、同41分、執務室へ。
午前11時58分、執務室を出て首相会議室へ。午後0時22分、同室を出て執務室へ。

午後1時4分、執務室を出て、同5分、官邸発。同6分、国会着。同7分、衆院本会議場へ。衆院本会議に出席。同9分、衆院本会議散会。本会議場を出て、同10分、衆院議長室へ。河野洋平、横路孝弘衆院正副議長にあいさつ。塩崎恭久官房長官、自民党の中川秀直幹事長、二階俊博国対委員長ら同席。同15分、同室を出て衆院議運委員長室へ。逢沢一郎衆院議運委員長にあいさつ。同16分、同室を出て、同17分から同24分まで、衆院与党各会派へあいさつ回り。同26分、国会発。同27分、官邸着。同28分から同29分まで、塩崎官房長官。同30分、執務室へ。
午後2時15分、執務室を出て、同16分、南会議室へ。アジア・ゲートウェイ戦略会議に出席。
午後3時6分、同会議終了。同8分、執務室へ。同9分から同38分まで、中川自民党幹事長。同59分、尾身幸次財務相、財務省の藤井秀人事務次官、津田広喜主計局長らが入った。同4時23分、藤井氏らが出た。尾身氏残る。同26分、尾身氏が出た。
午後4時28分から同55分まで、菅義偉総務相、石田直裕総務省行政管理局長。同5時2分、執務室を出て、同3分、大会議室へ。犯罪対策閣僚会議開始。
午後5時36分、同会議終了。大会議室を出て、同37分、執務室へ。
午後5時58分、執務室を出て、同6時から同27分まで、会見室で内閣記者会との記者会見。同29分、執務室へ。同42分から同8時13分まで、首相会議室で塩崎官房長官、下村博文、鈴木両官房副長官。同14分、官邸発。同15分、公邸着。


※一言※
会期延長をしたため、この日が国会の閉会日。
18日・19日と何もしなかった?のだから、本間政府税調会長を参考人として呼ぶ時間もあったはずだが...


人気ブログランキング ブログランキング・にほんブログ村
↑↑ クリックして首相の一日に注目しよう!

posted by Mr.K at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 安倍晋三 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月18日

任命責任

12月18日(月) 安倍首相動静

午前9時53分、私邸発。同10時11分、官邸着。同12分、執務室へ。
午前11時から同40分まで、谷内正太郎外務事務次官。同46分から午後0時まで、高市早苗科学技術担当相。IT戦略本部IT新改革戦略評価専門調査会長の渡辺捷昭トヨタ自動車社長。坂篤郎官房副長官補ら同席。同2分、執務室を出て、小ホールへ。同3分から同34分まで、政府与党連絡会議。小ホールを出て、同35分、執務室へ。

午後1時、執務室を出て、同1分から同14分まで、特別応接室で日中歴史共同研究日本側委員の北岡伸一東大教授ら。同15分、執務室へ。同25分、同室を出て、同26分、官邸発。同36分、東京・九段南の九段会館着。国際連合加盟50周年記念式典に出席し、祝辞。同2時31分、同所発。同44分、官邸着。同45分、執務室へ。
午後2時53分から同3時23分まで、中川秀直自民党幹事長。
午後3時25分、執務室を出て、小ホールへ。同26分から同48分まで、政府インターネットテレビ「ライブ・トーク官邸」の収録。同49分、執務室へ。
午後3時50分から同4時42分まで、外務省の藪中三十二外務審議官、原田親仁欧州局長。鈴木政二官房副長官、世耕弘成首相補佐官ら同席。同54分、執務室を出て、同56分、官邸発。同57分、国会着。同58分、自民党総裁室へ。同5時1分、党役員会開始。
午後5時16分、党役員会終了。同室を出て、同18分、国会発。同19分、官邸着。同20分、執務室へ。
午後5時21分、尾身幸次財務相、財務省の藤井秀人事務次官、津田広喜主計局長が入った。同46分、藤井氏らが出た。尾身財務相残る。同48分、尾身財務相とともに執務室を出て、同49分、大会議室へ。IT戦略本部に出席。
午後6時40分、同本部終了。同42分、執務室へ。
午後6時43分から同52分まで、守屋武昌防衛事務次官。
午後7時5分、執務室を出て、同6分から同11分まで、閣僚懇話室前で報道各社のインタビュー。「本間税調会長の公務員宿舎入居などをめぐる問題で、会長の責任についてどう考えるか」に「入居に際してはルールにのっとって入居されたというふうに聞いておりますが、いろいろなご批判があることも承知しております。職責を果たすことによってですね、責任を果たしてもらいたいと思います」。同13分、官邸発。同17分、東京・紀尾井町の赤坂プリンスホテル「五色」着。宴会場「赤瑛」で自民党の中川幹事長ら衆参両院国会議員、職員との懇談会に出席し、あいさつ。同52分、同所発。同58分、公邸着。


※一言※
本間税調会長の愛人問題の焦点は、公務員宿舎への入居の際の手続論では無いことは明白。
しかし、安倍首相はそこに焦点をずらしたいらしい。
安倍首相が選んだ人が、愛人の住いを税金で賄っていた...
それ故に、安倍首相の任命責任が問われるのである。


人気ブログランキング ブログランキング・にほんブログ村
↑↑ クリックして首相の一日に注目しよう!


Sony Style(ソニースタイル)
posted by Mr.K at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 安倍晋三 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月17日

予定のない週末は、私邸で...

12月17日(日) 安倍首相動静

午前10時現在、東京・富ヶ谷の私邸。朝の来客なし。
午前中は来客なく、私邸で書類整理などして過ごす。
午後も来客なく、私邸で読書などして過ごす。


※一言※
首相が私邸に帰り、気を休める時間も必要なのかもしれない。
しかし、24時間365日首相として職務をまっとうするのが、本来の姿だと思う。


人気ブログランキング ブログランキング・にほんブログ村
↑↑ クリックして首相の一日に注目しよう!


リンクシェア アフィリエイト紹介プログラム

posted by Mr.K at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 安倍晋三 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月16日

逆風に弱い首相

12月16日(土) 安倍首相動静

午前8時現在、公邸。朝の来客なし。
午前10時23分、公邸発。同29分、東京・虎ノ門のホテルオークラ着。昭恵夫人とともに客室でブッシュ元米大統領夫妻と会談。
午前11時26分、同所発。
午前11時41分、東京・富ケ谷の私邸着。「ブッシュ元大統領とはどんなやりとりをしたのか」に「北朝鮮をはじめ国際情勢についての話をしました」。「靖国参拝に関する話は」に「(苦笑して)そんな話はしてません」。
午後2時10分から同31分まで、亀井静香国民新党代表代行。


※一言※
本間税制調査会長の愛人問題が大きな問題になってきた。
官邸サイドは辞任させない方向らしいが...
ところで、このような逆風の時こそ、安倍首相は逃げ隠れする印象がある。
前任者は、チャンスとばかりに国民に直接訴えていた。
このあたりが、器の違いなのか?


人気ブログランキング ブログランキング・にほんブログ村
↑↑ クリックして首相の一日に注目しよう!


森下仁丹オンラインショップ
posted by Mr.K at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 安倍晋三 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月15日

欠席する野党党首

12月15日(金) 安倍首相動静

午前8時55分、公邸発。同57分、国会着。同58分、院内大臣室へ。同9時2分から同19分まで、閣議。
午前9時20分から同23分まで、柳沢伯夫厚生労働相、高市早苗少子化担当相。塩崎恭久官房長官同席。同24分から同27分まで、伊吹文明文部科学相。塩崎官房長官同席。同28分から同30分まで、尾身幸次財務相。塩崎官房長官同席。同31分から同32分まで、佐田玄一郎行政改革担当相。同33分から同37分まで、菅義偉総務相。塩崎官房長官同席。同38分、院内大臣室を出て、同39分、国会発。同41分、官邸着。同42分、執務室へ。同54分、執務室を出て、同55分から同59分まで、特別応接室で自民党の中川秀直幹事長、片山虎之助参院幹事長、二階俊博、矢野哲朗衆参両院国対委員長。正副官房長官同席。同10時、同室を出て執務室へ。
午前10時8分から同38分まで、三谷秀史内閣情報官。
午前10時39分から同11時20分まで、尾身財務相、財務省の藤井秀人事務次官、津田広喜主計局長ら。
午前11時27分から午後0時8分まで、麻生太郎外相、佐々江賢一郎外務省アジア大洋州局長。同13分、執務室を出て、同14分から同18分まで、閣僚懇話室前で報道各社のインタビュー。「国会の会期延長の理由は」に「教育基本法改正、また防衛庁の省昇格など重要法案が残っています」。同19分、首相会議室へ。

午後0時39分、首相会議室を出て執務室へ。同40分から同52分まで、大田弘子経済財政担当相、藤岡文七内閣府政策統括官。根本匠首相補佐官同席。
午後1時5分、執務室を出て、同6分、官邸発。同7分、国会着。同8分、衆院本会議場へ。同12分、衆院本会議開会。
午後3時58分、衆院本会議休憩。同59分、衆院本会議場を出て衆院議長応接室へ。同4時、同室を出て、同2分から同5分まで、自民・公明両党にあいさつ回り。二階自民党国対委員長、塩崎官房長官、下村博文官房副長官同行。同6分、国会発。同8分、官邸着。同9分、執務室へ。
午後4時59分、執務室を出て、同5時、特別応接室へ。千玄室日本国際連合協会会長。同6分、同室を出て、同7分、執務室へ。
午後5時21分、執務室を出て、同22分から同25分まで、閣僚懇話室前で報道各社のインタビュー。「内閣不信任案否決の受け止めを」に「これからも謙虚に、しかし自信を持って政策を推進してまいりたいと思います」。同31分、官邸玄関ホールでシン・インド首相を出迎え。記念撮影。同33分、特別応接室へ。シン首相との日印首脳会談開始。
午後6時8分、日印首脳の個別会談終了。特別応接室を出て大会議室へ。塩崎官房長官、小池百合子、根本両首相補佐官らを交えた首脳会談全体会合開始。同51分、全体会合終了。同53分、大会議室を出て、同54分から同56分、南会議室で共同署名式。同58分、会見室へ。同59分から同7時13分まで、共同記者会見。同14分、同室を出て、同27分、大ホールへ。昭恵夫人とともにシン首相夫妻との夕食会開始。
午後9時8分、夕食会終了。大ホールを出て、同12分から同15分まで、官邸正面玄関でシン首相夫妻を見送り。
午後9時16分から同17分まで、官邸エントランスホールで報道各社のインタビュー。「改正教育基本法成立の受け止めを」に「この教育基本法改正をスタートとして、教育の再生に全力で取り組んでいきたいと思います」。同18分、官邸発。
午後9時34分、東京・明石町の日本料理店「築地治作」着。中川自民党幹事長らとともに都議会自民党特別総会に出席。


※一言※
改正教育基本法、防衛省法案が成立したこの日、野党は共同で安倍内閣の不信任案を提出した。
しかし、その提案趣旨説明を行ったのは、民主党の菅代表代行。
小沢代表の姿は国会には無かった。
相手が巨大与党とはいえ、カタチだけの不信任案提出とその場にいない野党党首。
この国の不幸は、2大政党?のもう片方があまりにも情けなさ過ぎるところにあるのかもしれない。


人気ブログランキング ブログランキング・にほんブログ村
↑↑ クリックして首相の一日に注目しよう!


ジャパネットたかた メディアミックスショッピング
posted by Mr.K at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 安倍晋三 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月14日

変わるアメリカ、変わらない日本

12月14日(木) 安倍首相動静

午前8時、公邸発。同1分、官邸着。同2分、執務室へ。
午前8時3分から同49分まで、鈴木政二官房副長官。同54分、執務室を出て、同56分、官邸発。同57分、国会着。同59分、参院第1委員会室へ。同9時、参院教育基本法特別委員会開会。
午前11時59分、参院教育基本法特別委を途中退席し、午後0時、参院第1委員会室を出て、同1分、国会発。同3分、自民党本部着。同6分、総裁室へ。同6分から同10分まで、愛知県知事選立候補予定者に推薦証渡し。自民党の中川秀直幹事長、谷津義男選対総局長ら同席。同11分、党本部発。同15分、官邸着。同16分、執務室へ。

午後0時22分、執務室を出て首相会議室へ。同36分、執務室へ。同41分から同43分まで、官邸玄関ホールでインドのシン首相夫妻を昭恵夫人とともに出迎え。同46分から同57分まで、南庭でシン首相夫妻の歓迎行事。同1時2分、官邸発。同5分、東京・日比谷公園の日比谷公会堂着。「拉致問題を考える国民の集い」に出席し、あいさつ。同21分、同所発。同25分、官邸着。同26分、執務室へ。
午後3時54分、執務室を出て、同56分、官邸発、同57分、国会着。同58分、衆院本会議場へ。
午後4時11分から同41分まで、シン首相国会演説傍聴。同43分、衆院本会議場を出て、同44分、国会発。同47分、官邸着。同48分、執務室へ。同5時32分、同室を出て、同33分、大会議室で経済財政諮問会議開始。
午後6時15分、同会議終了。大会議室を出て、同17分、執務室へ。
午後6時18分から同29分まで、塩崎恭久官房長官。
午後6時39分、首相会議室へ。昭恵夫人と夕食。同7時8分、執務室へ。同15分、同室を出て、同17分から同22分まで、特別応接室で報道各社のインタビュー。「先ほど教育基本法改正案が参院の委員会で可決されたが、受け止めは」に「まだ参院の本会議が残っておりますが、成立に向けて大きな前進となったと思います。この教育基本法の改正は長年の悲願でありました。そして内閣の最重要法案でもありました。本当に良かったと思います」。同24分、官邸発。同43分、東京・関口のフォーシーズンズホテル椿山荘東京着。セシャサイー・インド産業連盟会長ら同国経済関係者と懇談。
午後8時5分、懇談終了。同6分から同9分まで、シン首相。同10分、シン首相夫妻、昭恵夫人とともに同所発。同12分、東京・関口の椿山荘着。日印交流年開会式に出席し、あいさつ。
午後9時52分、同所発。同10時12分、公邸着。「きょうは随分ゆっくりされたが、いかがでしたか」に「ま、楽しみました」。


※一言※
アメリカ中間選挙で共和党が敗北したことの影響が、ブッシュ元大統領の「靖国参拝は歴史の否定」という発言に表れている。
アメリカは、明らかに日本から中国へとアジアの機軸を移そうとしている。
この発言は、そのメッセージと読み取れるだろう。
アメリカは変わる、果たしてこの国は...


人気ブログランキング ブログランキング・にほんブログ村
↑↑ クリックして首相の一日に注目しよう!


セブンドリーム・ドットコム
posted by Mr.K at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 安倍晋三 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月13日

首相としての歳費返納で済む話なのか?

12月13日(水) 安倍首相動静

午前7時59分、公邸発。同8時、官邸着。同1分、執務室へ。
午前8時4分から同49分まで、下村博文官房副長官。同54分、執務室を出て官邸発。同56分、国会着。同58分、衆院第1委員室へ。同59分から同9時まで、島村宜伸元農水相。同1分、衆院教育基本法特別委員会開会。

午後0時15分、衆院教育基本法特別委散会。同16分、衆院第1委員室を出て、同18分、院内大臣室へ。林芳正内閣府副大臣。同23分、世耕弘成首相補佐官が加わった。同30分、同室を出て、同32分、国会発。同34分、官邸着。同35分、執務室へ。
午後0時45分、執務室を出て首相会議室へ。同1時1分、執務室へ。同3分から同13分まで、根本匠首相補佐官。
午後1時30分、自民党の中川昭一政調会長、同党社会保障制度調査会の鈴木俊一会長、大村秀章会長代理が入った。根本首相補佐官同席。同56分、中川氏以外全員出た。同2時4分、中川氏が出た。
午後2時11分、執務室を出て首相会議室へ。下村、鈴木政二、的場順三各官房副長官。同3時10分、執務室へ。
午後3時32分から同4時14分まで、藪中三十二外務審議官ら。小池百合子、根本両首相補佐官が同席。
午後4時30分から同5時3分まで、大田弘子経済財政担当相、村瀬吉彦内閣府政策統括官。根本首相補佐官、坂篤郎官房副長官補が同席。
午後5時4分から同26分まで、尾身幸次財務相。
午後5時27分から同42分まで、公明党の北側一雄幹事長、坂口力副代表。
午後6時50分、執務室を出て、同51分から同7時まで、閣僚懇話室前で報道各社インタビュー。「タウンミーティングの調査結果が公表されたが、再発防止策については」に「再発については、今回まさに責任の所在をはっきりするわけであります。そして次なるタウンミーティングについては、例えば経費についても華美にならないように、無駄遣いのないように徹底していきます」。同1分、官邸発。同3分、公邸着。


※一言※
タウンミーティングのヤラセ問題で、安倍首相は当時官房長官としてタウンミーティングの責任者としての責任を歳費返納というカタチで表明した。
しかし、この問題はこれで終わりにして良いのであろうか?
15日には成立する改正教育基本法は、ヤラセのタウンミーティングで世論の支持があったかのように装われていたことは問題にならないのか?
法案成立の前提が通過儀礼になるようでは、この国に国会は要らない。
国会という民主主義を装った、独裁政治の一端を見た思いがする。


人気ブログランキング ブログランキング・にほんブログ村
↑↑ クリックして首相の一日に注目しよう!


ソースネクスト
posted by Mr.K at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 安倍晋三 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月12日

会期延長という揺さぶり

12月12日(火) 安倍首相動静

午前8時現在、公邸。朝の来客なし。
午前8時54分、公邸発。同56分、国会着。同57分、院内大臣室へ。同9時1分、閣議開始。
午前9時14分、閣議終了。同15分、院内大臣室を出て、同16分、国会発。同17分、官邸着。同18分、執務室へ。
午前10時6分から同9分まで、故田沢智治元法相の友子夫人ら。越智通雄元衆院議員同席。

午後0時14分、執務室を出て、同15分から同20分まで、閣僚懇話室前で報道各社のインタビュー。「国対が会期延長を判断した場合、容認するか」に「最終的に、会期についてはわたしが判断したいと思っています」。同21分、首相会議室へ。同47分、同室を出て、執務室へ。
午後1時18分から同40分まで、中川秀直自民党幹事長。
午後2時3分から同23分まで、小池百合子首相補佐官。
午後2時26分から同40分まで、菅義偉総務相。
午後3時から同20分まで、オーストラリアのハワード首相と電話会談。世耕弘成首相補佐官、安藤裕康官房副長官補、藪中三十二外務審議官ら同席。
午後5時55分から同6時15分まで、根本匠首相補佐官。
午後6時36分、執務室を出て、同37分から同41分まで、閣僚懇話室前で報道各社のインタビュー。「タウンミーティングの調査結果があす公表されるが、当時の責任者だった自身の処分も決めるのか」に「報告を受けですね、わたしのももちろん責任も含めまして、けじめは付けなければならないと、こう考えています」。同42分、官邸発。同43分、公邸着。


※一言※
15日に迫った国会の会期末。不測の事態に備えた会期延長発言。
これで、巨大与党の前では野党の打つ手は無くなったに等しい。


人気ブログランキング ブログランキング・にほんブログ村
↑↑ クリックして首相の一日に注目しよう!


サントリー健康食品オンラインショップ
posted by Mr.K at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 安倍晋三 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月11日

本間スキャンダル噴出

12月11日(月) 安倍首相動静

午前8時現在、公邸。朝の来客なし。
午前11時29分、公邸発。同39分、皇居着。帰国の記帳。
午前11時46分、皇居発。同55分、官邸着。同56分、執務室へ。

午後0時14分、執務室を出て、同15分から同21分まで、閣僚懇話室前で報道各社のインタビュー。「臨時国会の会期末が15日に迫っているが、延長は考えているか」に「国会の会期については国会の方にお任せしています。まだ日にちがありますので、残っている重要法案の成立を目指してぜひわれわれも努力をしていきたいと思います」。同22分、首相会議室へ。同43分、執務室へ。
午後1時37分から同2時16分まで、谷内正太郎外務事務次官。
午後2時22分から同52分まで、甘利明経済産業相。
午後4時43分、執務室を出て、同44分から同50分まで、閣僚懇話室前で報道各社のインタビュー。「来年度の国債発行額についてどのような方針で臨むか」に「新規の国債発行につきましては来年度の国債発行を今年度の30兆円から過去最大の減額を目指してゆく。そのような方針で予算編成をするように財務相に指示をいたしました」。同51分、執務室へ。同55分、執務室を出て、同56分、官邸発。同58分、国会着。同59分、自民党総裁室へ。同5時1分、党役員会開始。同23分、党役員会終了。同室を出て、同24分、国会発。同26分、官邸着。同27分、執務室へ。
午後6時33分、執務室を出て、同34分、官邸発。同35分、公邸着。


※一言※
今日発売の週刊ポストに本間政府税制調査会長が愛人を公務員住宅に住まわせているという疑惑が報道された。
公務員住宅の家賃相場は、周りの物件の1/5程度だという。
税金を取る側が、この程度の倫理観では...


人気ブログランキング ブログランキング・にほんブログ村
↑↑ クリックして首相の一日に注目しよう!

posted by Mr.K at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 安倍晋三 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月10日

帰国

12月10日(日) 安倍首相動静

午前11時52分、フィリピン訪問を終え、昭恵夫人とともに、政府専用機で羽田空港着。午後0時、同空港発。
午後0時20分、公邸着。
午後5時48分、公邸発。同55分、東京・内幸町の帝国ホテル着。同ホテル内のレストラン「サール」で昭恵夫人、母洋子さん、兄一家と会食。
午後7時14分、同ホテル発。同18分、公邸着。


※一言※
外遊日程が変更になったため、2泊3日でフィリピンから帰国


人気ブログランキング ブログランキング・にほんブログ村
↑↑ クリックして首相の一日に注目しよう!


Apple Store(Japan)
posted by Mr.K at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 安倍晋三 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月09日

フィリピン訪問中

午前 マニラ市内のリサール記念碑で献花。同市内のマラカニアン宮殿で歓迎式典。アロヨ・フィリピン大統領と首脳会談。ミンダナオ国際監視団の永石雅史復興開発上級アドバイザーらと面談。同市近郊で鉄道プロジェクト車両引き渡し式典。
昼 ダイアモンド・ホテルで在マニラ邦人関係団体との昼食懇談会。
午後 ビリヤール上院議長、デベネシア下院議長。同市内の日本語センター財団を視察。ダイアモンド・ホテルで日比関係諸団体との懇談。
夕 同行記者団との懇談。
夜 マラカニアン宮殿でアロヨ大統領主催の晩さん会。ダイアモンド・ホテルで内外記者会見。同ホテルに宿泊。


人気ブログランキング ブログランキング・にほんブログ村
↑↑ クリックして首相の一日に注目しよう!

posted by Mr.K at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 安倍晋三 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月08日

フィリピンへ出発

12月8日(金) 安倍首相動静

午前7時54分、公邸発。同55分、官邸着。同56分、執務室へ。
午前8時2分、執務室を出て、同4分、小ホールへ。道路特定財源に関する政府・与党協議会開始。
午前8時22分、同協議会終了。
午前8時28分、小ホールを出て、同29分、執務室へ。同54分、同室を出て、同55分、官邸発。同57分、国会着。同58分、院内大臣室へ。同9時2分、閣議開始。
午前9時16分、閣議終了。同17分から同19分まで、佐田玄一郎行政改革担当相。同20分から同22分まで、松岡利勝農水相。同23分、院内大臣室を出て、同25分、国会発。同27分、官邸着。同29分、執務室へ。
午前10時15分から同11時12分まで、外務省の藪中三十二外務審議官、渥美千尋南部アジア部長。
午前11時29分から同41分まで、中川昭一自民党政調会長。
午前11時45分、執務室を出て、同46分から午後0時2分まで、特別応接室で宋健・中日友好協会会長の表敬。同3分、執務室へ。同5分、首相会議室へ。

午後0時21分、執務室へ。同22分から同28分まで、伊吹文明文部科学相。同30分、同室を出て、同31分、閣議室へ。同32分から同42分まで、臨時閣議。同43分、執務室へ。同54分から同1時40分まで、守屋武昌防衛事務次官。
午後1時50分、執務室を出て、同51分から同59分まで、特別応接室で杉浦正健自民党道州制調査会長ら。同2時、執務室へ。
午後2時1分から同40分まで、大田弘子経済財政担当相、村瀬吉彦内閣府政策統括官。同47分から同3時1分まで、自民党海洋政策特別委員会の石破茂委員長、西村康稔事務局長。
午後3時21分、執務室を出て、同22分から同4時15分まで、特別応接室などでインド主要メディアのインタビュー。同17分、執務室へ。同40分から同51分まで、北側一雄公明党幹事長、塩崎恭久官房長官。坂篤郎官房副長官補同席。
午後5時58分、執務室を出て、同6時から同7分まで、閣僚懇話室前で報道各社のインタビュー。「外遊の日程が大きな変更を余儀なくされたが」に「さらにこの3カ国で連携を図っていくことができたわけですけれど、そういう意味で残念です」。同6時8分、官邸発。同9分、公邸着。同38分、公邸発。同58分、羽田空港着。同7時19分、フィリピン公式訪問のため政府専用機で昭恵夫人とともにマニラに向け羽田空港発。


※一言※
今度も外遊先はアジアでした。


人気ブログランキング ブログランキング・にほんブログ村
↑↑ クリックして首相の一日に注目しよう!



All About スタイルストア
posted by Mr.K at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 安倍晋三 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月07日

成蹊小学校の給食...

12月7日(木) 安倍首相動静

午前7時54分、公邸発。「小泉前首相が訪朝を検討しているとの報道があるが」に「(笑って)知らない」。同59分、東京・紀尾井町の赤坂プリンスホテル着。同ホテル内のレストラン「ブルーガーデニア」で御手洗冨士夫日本経団連会長、伊藤元重東大教授らとの朝食勉強会に出席。
午前9時37分、同所発。同42分、官邸着。同43分、執務室へ。
午前9時54分、執務室を出て、同55分から同11時10分まで、大会議室でビジット・ジャパン・キャンペーンのビデオ撮影。同11分、執務室へ。同46分から午後0時2分まで、根本匠首相補佐官。同11分、執務室を出て、同12分、官邸発。

午後0時29分、東京・市谷仲之町の新宿区立牛込仲之小学校着。六年一組の児童と給食を食べ、懇談。山谷えり子、世耕弘成両首相補佐官同行。同1時17分、懇談終了。同18分から同24分まで、校庭で報道各社のインタビュー。「給食はおいしかったか」に「おいしかったですね。わたしの子どものころよりもおいしくなったような気がします」。同25分、同所発。同40分、官邸着。同41分、執務室へ。同2時3分、同室を出て、同4分から同15分まで、特別応接室で全国トラックドライバーコンテスト優勝者の篠原英之さんらの表敬。同16分、執務室へ。
午後2時30分、尾身幸次財務相、財務省の藤井秀人事務次官、津田広喜主計局長、石井道遠主税局長が入った。同40分、坂篤郎官房副長官補が加わった。同3時、坂氏が出た。同32分、全員出た。執務室を出て、同33分から同4時3分まで、特別応接室で日本経団連機関誌の新年号企画で御手洗冨士夫会長と対談。同4分、執務室へ。同5分から同43分まで、漆間巌警察庁長官。同5時1分、執務室を出て、同2分、首相会議室で安全保障会議開始。
午後5時14分、安全保障会議終了。同15分、執務室へ。
午後5時30分、執務室を出て、同31分、大会議室で経済財政諮問会議開始。
 
午後7時7分、同会議終了。同9分、大会議室を出て、同10分、執務室へ。同30分、執務室を出て、同31分から同36分まで、特別応接室で報道各社インタビュー。「道路特定財源の一般財源化で政府・与党の合意に満足しているか」に「大切なことは税収が自動的にすべて道路に振り向けられていくという仕組みを変えていくということが決まったことであって、それを変えていくということが決まりました」。同38分、官邸発。同42分、東京・虎ノ門のホテルオークラ着。同ホテル内の日本料理店「山里」で読売新聞グループ本社の渡辺恒雄会長、朝日新聞社コラムニストの早野透氏ら「山里会」のメンバーと会食。
午後9時43分、同ホテル発。同49分、公邸着。


※一言※
安倍首相は成蹊小学校から成蹊中学、高校を経て成蹊大学を卒業している。
成蹊小学校が給食だったかどうかしらないが、私立小学校の給食と公立小学校の給食を比べてもねぇ...
それとも成蹊小学校の給食は、美味しくなかったのか?

道路特定財源については、安倍首相の語る「自動的に振り向けられる仕組み」という一言がすべてを象徴している。
使用目的に反する目的税は、返還すべきもの。
将来、消費税が福祉目的税化されても、同じ論理が成り立つことを良く覚えておく必要がある。
つまり、徴収された税金が目的以外に使われることに、政治家はまったく抵抗が無い!ということである。


人気ブログランキング ブログランキング・にほんブログ村
↑↑ クリックして首相の一日に注目しよう!

posted by Mr.K at 23:59| Comment(0) | TrackBack(1) | 安倍晋三 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月06日

税金のたらい回しが「改革?」

12月6日(水) 安部首相動静

午前9時45分、公邸発。同46分、官邸着。同47分、執務室へ。
午前9時50分から同52分まで、塩崎恭久官房長官。
午前10時10分、外務省の藪中三十二外務審議官、佐々江賢一郎アジア大洋州局長が入った。下村博文官房副長官ら同席。同25分、世耕弘成首相補佐官が加わった。同46分、世耕氏が出た。同11時15分、下村氏が出た。同30分、全員出た。
午前11時52分、執務室を出て、同53分、官邸発。午後0時、東京・紀尾井町のホテルニューオータニガーデンコート着。同ホテル内の会員制クラブ「ガーデンコートクラブ」でジャーナリストの田原総一朗氏、成田豊電通最高顧問、葛西敬之JR東海会長らと会食。同1時3分、同所発。同6分、東京・紀尾井町の赤坂プリンスホテル「五色」着。「五色」内の宴会場「赤瑛」で自民党国会議員夫人らの会合に出席し、あいさつ。同28分、同所発。同36分、官邸着。同38分、執務室へ。

午後2時45分から同3時27分まで、尾身幸次財務相。
午後3時28分から同45分まで、町村信孝前外相、宮田勇全国農業協同組合中央会会長。
午後3時46分から同4時6分まで、緒方貞子国際協力機構(JICA)理事長。
午後4時9分から同30分まで、三谷秀史内閣情報官。
午後4時31分から同58分まで、大田弘子経済財政担当相。根本匠首相補佐官、坂篤郎官房副長官補が同席。同5時2分、執務室を出て、同3分から同6時8分まで、大会議室で知的財産戦略本部。同9分、執務室へ。

午後6時33分、執務室を出て、同34分から同38分まで、特別応接室で報道各社のインタビュー。「道路特定財源の一般財源化について、国民にどのように納得のいく説明をするか」に「まずは真に必要な道路はきっちりと造っていくということです。その上において特定の財源、税収が自動的に道路に振り向けられていくという仕組みを変えていく」。同39分、官邸発。同46分、東京・虎ノ門のホテルオークラ別館着。同ホテル内のレストラン「バロンオークラ」で自民党の片山虎之助参院幹事長、矢野哲朗参院国対委員長ら同党役員と会食。同7時18分、青木幹雄参院議員会長が加わった。同25分、中川昭一政調会長が加わった。同27分、中川秀直幹事長が加わった。
午後8時3分、二階俊博自民党国対委員長が出た。
午後8時24分、会食終了。同所発。同26分、同ホテル本館着。同ホテル内の日本料理店「山里」で塩崎恭久官房長官らと会食。
午後9時28分、同所発。同35分、公邸着。


※一言※
道路特定財源の一般財源化は、道路に使わない税金のたらい回し。
それを「改革」と称する首相も厚顔だが、そのまま垂れ流すマスメディアも大本営発表と同レベルと言われても仕方あるまい。


人気ブログランキング ブログランキング・にほんブログ村
↑↑ クリックして首相の一日に注目しよう!


Sony Style(ソニースタイル)
posted by Mr.K at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 安倍晋三 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月05日

道路特定財源...

12月5日(火) 安倍首相動静

午前8時54分、公邸発。同56分、国会着。同57分、院内大臣室へ。同9時2分、閣議開始。
午前9時15分、閣議終了。同16分から同18分まで、冬柴鉄三国土交通相。同19分から同33分まで、塩崎恭久官房長官。同34分から同40分まで、若林正俊環境相。同41分、院内大臣室を出て、同43分、国会発。同44分、官邸着。同45分、執務室へ。
午前9時59分、執務室を出て、同10時1分、小ホールへ。「国家安全保障に関する官邸機能強化会議」に出席し、あいさつ。
午前10時49分、同会議を途中退席し、同50分、執務室へ。
午前11時42分から同58分まで、上村隆史厚生労働審議官。坂篤郎官房副長官補同席。同59分から午後0時8分まで、御手洗冨士夫日本経団連会長。

午後0時9分から同18分まで、中川秀直自民党幹事長。同19分、執務室を出て首相会議室へ。福井俊彦日銀総裁との昼食懇談会開始。武藤敏郎、岩田一政両日銀副総裁、尾身幸次財務相、大田弘子経済財政担当相、塩崎官房長官同席。
午後0時54分、昼食懇談会を終了し、同室を出て執務室へ。
午後1時31分、執務室を出て、同32分、官邸発。同40分、東京・虎ノ門のホテル「虎ノ門パストラル」着。同ホテル内の宴会場「鳳凰西の間」でインナートリップ・イデオローグ・リサーチ・センター(IIC)創立30周年記念祝賀会に出席し、あいさつ。同53分、同ホテル発。同2時、官邸着。同1分、執務室へ。
午後2時6分から同31分まで、根本匠首相補佐官。同43分から同3時13分まで、外務省の西田恒夫外務審議官、佐々江賢一郎アジア大洋州局長。
午後3時14分から同27分まで、小川洋、荒井寿光新旧知的財産戦略推進事務局長。
午後3時30分、高木剛連合会長らと政労会見開始。柳沢伯夫厚生労働相、坂官房副長官補同席。同49分、塩崎官房長官が加わった。同4時、政労会見終了。
午後4時15分から同25分まで、米バンダビルト大日米研究協力センターのジェームズ・アワー所長。葛西敬之JR東海会長同席。同28分、執務室を出て、同30分、大ホールへ。「東南アジア青年の船」事業参加者らの表敬。同48分、大ホールを出て、同49分、執務室へ。
午後4時55分、外務省の西田外務審議官、佐々江アジア大洋州局長が入った。下村博文官房副長官が同席。同5時22分、望月晴文資源エネルギー庁長官が加わった。同24分、北村俊昭経済産業審議官が加わった。同6時5分、全員が出た。

午後6時22分、執務室を出て、同23分から同26分まで、特別応接室で報道各社のインタビュー。「この時期の利上げは家計に悪影響を与えないか」に「安定的な、そして力強い経済成長を続けていくことによっていい影響が家計部門にも出てくるように努力をしてまいりたいと考えています」。同27分、官邸発。同46分、東京・銀座のイタリア料理店「エノテーカ ピンキオーリ」着。清原武彦産経新聞会長らと会食。
 午後7時から同1分まで、会食を抜け同店内にいた小泉純一郎前首相らと言葉を交わす。同9時27分、会食を終了し、同店発。同37分、公邸着。「小泉前首相とはどんな話をしたか」に「いや、まあ、あいさつ程度です」。


※一言※
道路特定財源の一般財源化を目指す安部首相。
どう考えても、税金のたらい回し。
道路に使わない税金は、国民に返還すべきもの。
どうして、詐欺と言う声が上がらないのだろう?


人気ブログランキング ブログランキング・にほんブログ村
↑↑ クリックして首相の一日に注目しよう!


ジャパネットたかた メディアミックスショッピング
posted by Mr.K at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 安倍晋三 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月04日

復党問題の余震

12月4日(月) 安倍首相動静

午前7時30分、東京・富ケ谷の私邸発。同43分、官邸着。同44分、執務室へ。 午前7時45分から同8時43分まで、鈴木政二官房副長官。同54分、執務室を出て、同55分、官邸発。同57分、国会着。同58分、参院第1委員会室へ。同9時、参院決算委開会。
午前11時52分、参院決算委休憩。同54分、参院第1委員会室を出て、同56分、国会発。同57分、官邸着。同59分、執務室へ。
 
午後0時4分、執務室を出て、同5分から同45分まで、小ホールで自民党の衆院当選2回議員との昼食会。同46分、執務室へ。同53分、同室を出て、同55分、官邸発。同56分、国会着。同58分、参院第1委員会室へ。同1時、参院決算委再開。
午後5時4分、参院決算委散会。同6分、参院第1委員会室を出て、同8分、自民党総裁室へ。同10分、党役員会開始。
午後5時27分、党役員会終了。同29分、国会発。同31分、官邸着。同32分、執務室へ。
午後5時43分、執務室を出て、同44分から同48分まで、閣僚懇話室前で報道各社インタビュー。「郵政造反議員の復党が認められる見通しだが」に「国民の皆様には、これから新しい国づくりに向けて、新しい仲間を迎え入れてですね、一緒に汗を流していき、そういう皆さんと一緒に結果を出すことによって、ご理解をいただきたいと思います」。同50分から同6時10分まで、大ホールで構造改革特区・地域再生計画の認定書授与式。同12分、執務室へ。
午後6時21分、執務室を出て、同22分、官邸発。同25分、自民党本部着。同26分幹事長室へ。
午後6時38分から同40分まで、笹川堯自民党党紀委員長。同51分、幹事長室を出て、同52分から同7時まで、総裁室で自民党ホームページの総裁メッセージ収録。同3分から同18分まで、総裁応接室で野田聖子元郵政相ら復党が決まった衆院議員11人と面談。自民党の中川秀直幹事長、笹川氏が同席。同19分、自民党本部発。同28分、東京・虎ノ門のホテルオークラ着。同ホテル内の宴会場「クリフォード」で葛西敬之JR東海会長ら財界人と会食。
午後9時5分、会食終了。同7分、同ホテル内の中国料理店「スターライト」で水落敏栄参院議員ら当選1回の自民党参院議員の会合に出席。
午後10時12分、同所発。同17分、公邸着。「会合で復党問題は説明したか」に「まあ、説明はしました」。


※一言※
昨年の郵政選挙で造反した11名の無所属議員の復党が正式に決まった。
内閣支持率は下落した。
どうも、歯車が少し狂いはじめたように思える。


人気ブログランキング ブログランキング・にほんブログ村
↑↑ クリックして首相の一日に注目しよう!


セブンドリーム・ドットコム
posted by Mr.K at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 安倍晋三 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月03日

私邸が好きなのかな?

12月3日(日) 安倍首相動静

午前10時現在、東京・富ケ谷の私邸。朝の来客なし。
午前中は来客なく、私邸で書類整理や読書などして過ごす。
午後2時56分、私邸発。
午後3時11分、東京・北の丸公園の科学技術館着。小学生の「たたら製鉄」体験イベントを視察。同54分、同館発。同4時11分、私邸着。「たたら製鉄の様子を視察した感想は」に「わたしも鉄の会社にいましたから、ものづくりはいいもんだなと。たたらという古来の技術はわたしも初めて見ました。子どもたちにとっても鉄というものができるまでが分かったんじゃないかな。ものづくりの喜びを感じたのではないでしょうか」。


※一言※
普通の単身赴任(安倍首相は単身ではないが...)の場合、日曜日の夜には赴任先に戻る場合が多い。首相はこの日も私邸泊。
もちろん、首相にもプライベートタイムは必要だが、どうも安部首相は危機管理意識が薄い気がする。
私邸と公邸の移動時間の20分が危機管理上問題だと指摘する声は多い。
何かあってから対応するのではなく、何か起きたら直ぐに対応出きる体勢になければならないのではなかろうか?


人気ブログランキング ブログランキング・にほんブログ村
↑↑ クリックして首相の一日に注目しよう!


ソースネクスト
posted by Mr.K at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 安倍晋三 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。